電気代の節約にもなる 蛍光灯の効率的な使い方とは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2706
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
電気代を節約する方法のひとつとして、蛍光灯の傘に台所用のアルミホイルを貼る方法はみなさんご存じですね。また、2本(2個)のリングのうち、1本しか使わない方法も節電につながりますね。それらの方法をさらにアレンジすることで、快適な明るい空間を実現することができます。はたして、その方法とは……。

STEP1

蛍光灯のリングの明るさが落ちてきた場合は、思い切って別の部屋のリングを交換しましょう。これは、実際に私が実践したことですが、たったそれだけのことで照明がずいぶん明るくなりました。

記事トップの写真は、アルミホイルを貼った状態です。リングは1つしか使いません。写真撮影するとき、アルミホイルが乱反射するため蛍光灯を消して撮っています。

STEP2

もちろん、それができるためには、交換する部屋の蛍光灯はふだんから使う機会が少ないことが条件になります。ウチの場合、リビングの蛍光灯を使う時間が極端に短いため、交換が可能になりました。ちなみに料理や洗い物のときは、キッチンの上にある蛍光灯を使っています。

まとめ

同じサイズのリングだったら、ふだん使わない部屋のものと交換したほうが絶対お得です。

蛍光灯の傘にアルミホイルを貼るときは、剥がれてリング部分に触れないように十分注意してください。そのためには、何箇所かセロテープで止めて固定するといいでしょう。
また、万一アルミホイルが剥がれてリングに接触したとき、加熱による火災が心配になります。それを防ぐためにも、部屋を離れるときは蛍光灯を消すようにしてください。

必要なもの

アルミホイル(もちろん、取扱には十分注意)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ