天才児の育み方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 桃井 木の子
天才はどのようにして天才になるのでしょう。 天才児に育つと言われている教育方法を考えてみました。

STEP1知的好奇心や想像力を伸ばしてあげる

Photo by 桃井 木の子
赤ちゃんの成長は未知数です。
ことばを理解していないように見えても、話しかけてください。単語だけではなく、出来るだけ整った文章で話しかけましょう。お家の人の会話やテレビの話し声、流れてくる音楽も聞かれていますよ。夫婦の会話も、なるべく正しく話し、音楽もいい音を聴かせてあげましょう。
よく子どもが物を壊すのも、知的好奇心がおう盛なためです。沢山分解してまた組み立てたなんていうエピソードもありますから、工作やお絵かきは出来るだけ自由にさせてあげましょう。

STEP2考えるチャンスを与えてあげる

子どもはよく「なぜ」「どうして」と大人を質問攻めしてくれます。「宇宙はどこまであるの」「ことばは誰がつくったの」「どうして○○してはいけないの」などなど、とても答えられないような質問を浴びせてくれます。その時に、大人が「今忙しいから今度」「学校の先生にきいて」なんて、はぐらかしていると、天才児になる芽を摘んでしまう恐れがあるのです。
正解を答えてあげたり、或いは答えに導くヒントを与えてあげたり、一緒に悩んであげたりしてあげてください。そして、自分で突き詰めて考えるチャンスを与えてあげてください。

STEP31万時間の法則

さて、マルコム・グラッドウェルという人が提唱した法則には、天才に共通する時間があるそうです。それが、「1万時間の法則」と言われています。ビル・ゲイツやモーツァルトなどにも当てはまるそうです。
言い換えれば「石の上にも三年」でしょうか。1万時間頑張れば花開くと考えられています。コツコツと積み重ねることも重要な要素になりそうです。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ