治療のために利用できる 「治療支援事業」の紹介

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:891
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kumiko3
不妊治療のために体外受精や顕微授精をした場合は、治療支援事業があります。金銭的に無理かもしれないと思っている人は、この助成制度を活用してみるのはどうでしょうか。

「治療支援事業」とは……

Photo by kumiko3
不妊に悩んでいる人で、金銭的に負担があるから思いきることができないと不妊治療を諦めている人もいるかもしれません。ですが、厚生労働省のホームページには「治療支援事業」に関しての記載があります。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/funin-chiryou.html

これを利用すれば、治療を受けることもできるかもしれません。参考にしてみてください。

対象治療法 

体外受精、顕微授精

給付内容

1年度あたり1回15万円、2回まで。通算5年支給 

所得制限額 

夫婦合算の所得ベースで730万円

金銭的にサポートしてくれる助成事業

Photo by kumiko3
不妊治療をしたいと思っていても金銭的に苦しいと思っているなら、この助成事業を利用してみるのもいいかもしれません。

「指定医療機関一覧」では、対象医療機関も紹介されています。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/iryou-kikan/index.html

お金がないから治療を諦めていたというなら、これを検討してみるのもいいかもしれません。参考にしてみてください。

まとめ

イメージ:足成

著者:kumiko3

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ