ワーキングホリデーとは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:351
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 北海道留学センター
海外へ英語を勉強しに語学留学へ行きたいが、予算が足りない。
でもワーキングホリデーなら現地で語学学校にも通いながら働くことが出来ると聞いたことがある。
ワーキングホリデービザとはいったいどういうビザか?

STEP1

Photo by 北海道留学センター
ワーキングホリデービザとは、二国間の協定に基づき青年(18歳~25もしくは30歳)が異なった文化(相手国)で、滞在資金を補うために決められた規則の元で就労する事ができ、勉強、資格取得、ボランティア、観光などが決められた期間の間でする事が出来るものです。

STEP2現在、日本と同協定を結んでいるのは

Photo by 北海道留学センター
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港の11カ国。

特に日本人に人気なのがオーストラリア(定員10000人)とカナダ(定員7250人/2010年)。両国とも自然が美しく英語を学んだり、ボランティアしたりするのに最高の環境の為、毎年多くの若者が両国へ旅立ってます

まとめ

Photo by 北海道留学センター
国によって、就労期間、就学期間などが決まってる為その規則に従わないといけない。
また各国、定員が決まってるためその定員に達した段階で締め切りになる。
原則、一カ国にごとに一生で一度しか利用できないが、オーストラリアについては2005年より一定の条件を満たせば、2回目のビザ(セカンドワーキングホリデービザ)が取得できるようになった。

必要なもの

30歳未満である事、日本国籍である事 パスポート、健康である事
Photo by 北海道留学センター

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ