赤ちゃん時代から教育資金を貯めていける方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kumiko3
単純な話ですが、子供用の銀行口座を作ったら、赤ちゃん時代から教育資金を貯めていくのはどうでしょうか。月々は少額でも、年単位にしていくとかなりの金額を貯めることができます。

口座を作ったらできること

Photo by kumiko3
子ども名義の銀行口座の作り方で、ベビーでも銀行口座は作れることを紹介しました。そこで、もし、可能なら、赤ちゃん時代から少額でもコツコツ貯金してみることをおすすめします。

その理由は、小さいうちから貯金していくと、大きくなった時に楽に貯金ができているからです。

こんなお金は貯金できる!

例えば、

・1年ごとにもらうお年玉
・出産祝い、入学祝いなどの祝い金
・児童手当

といったお金は、「子供」にもらったお金であることが多いので、子供用の貯金口座に貯めていきます。

年間計算してみると……

1ヶ月で〇円とすると、

〇 × 12ヶ月分 = 1年分になり、

それが18年分だとすると、

1年分 × 18 = △円

△円を計算してみると、思ったより貯金できていると感じるのではないでしょうか。

貯めどきを見極めて貯金する!

2014年4月には消費税増税で、家計への負担が叫ばれています。ですが、月々の子供の貯金をコツコツしていくと、将来はきっと安心なはず。

教育資金で一番お金がかかると言われているのは、高校や大学など大きくなってからだと言われているので、子供が小さいうちから貯金をしていくのがいいかと思います。

もちろん、貯金ありきで考えてしまうとカツカツの生活で、生活を楽しめなくなってしまうのは言語道断。「無理のない範囲で」が理想ですが、子供が産まれたと同時に貯金もスタートするのが賢い貯金方法となります。

まとめ

イメージ:足成 著者:kumiko3

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ