産休を取るまでに気をつけておくべきこと

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1470
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kumiko3
子育てしながら働くのは大変!そのため、産休を取るまでに気をつけておきたいことがいくつかあります。

産休前にできることはやっておく

Photo by kumiko3
子育てしながら働くのは大変なものです。そのため、妊娠中から気をつけておきたいもの。

仕事をがんばっておくことはもちろん、いない間のことも考えて、体調を見ながら動いておくことが大切です。

産休期間中のことも考えて

仕事の引き継ぎもあり、自分がしていた仕事をまかせることにもなります。

「簡単なマニュアルを用意しておく」、「産休期間中でも連絡が取れる携帯電話番号を教えておく」ことも大切です。

産休を取ることを話すタイミング

産休を取ることを話すタイミングは、安定期に入った5ヶ月ごろが適当です。

安定期前に伝えることもありますが、流産の心配もあるので、安定期に入ってからがいいかもしれません。

「感謝の気持ちを忘れない」のがベスト!

妊娠して復帰できる職場環境があるのはありがたいこと。子供が産まれてからも、急な病気で迷惑をかけたり、時短勤務で同僚に仕事を負担させてしまったりすることもあるはずです。なので、やはり大切なのは「感謝の気持ちを忘れない」こと。

ワーキングマザーとして働けるのは、当然のことではなくて「ありがたいこと」と思って接するだけで、周囲は受け入れてくれたりします。

結果を残すことももちろん大切ですが、周囲に対しての感謝の気持ちも大切です。

まとめ

イメージは足成

著者:kumiko3

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ