嫌いじゃないのに喧嘩してしまうそんなあなたに、夫婦げんかをこじらせないコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 桃井 木の子
長くいっしょにいれば、夫婦げんかをすることもあるでしょう。ただ、夫婦げんかをしても、こじらさないようにしたいですね。

ずっと夫婦円満でいられるためには、夫と妻の双方の気配りがポイントです。

STEP1謝るのはできるだけ早く

ついイライラしていて悪いことをしたな、余計なことを言ってしまったなと思ったなら、早めに謝りましょう。

まあいいかというような出来事を放っといていると、いつの間にか溜まってしまいます。

離婚の原因で、女性の場合は、結婚直後や産後などのとても仲のよかった頃に解決しなかった不満が蓄積されていたというケースも多くあります。

悪いなと思っていても、口に出さなければ相手には伝わりません。

翌日に持ち越すことのないよう、早めの対処です。

STEP2話し合う

謝ることと共通しますが、言わないと伝わりません。喧嘩することはないですが、意見が違うときには話し合うことが大切です。

どちらの言い分も話して、聞いてみると、そういう考え方もあるのだなと思えることもあります。だからこういうことをしたのかと納得することもあります。

お互いに生きてきた環境が違いますから、違う考え方が交錯するのは避けられないことです。頭ごなしに、相手の意見を潰さないようにしましょう。

STEP3口をききたくなくても挨拶はする

はらわたが煮えくり返るような日もあるでしょう。けれども一切無視というのはよくありません。双方の意見が食い違ったままだとしても、「おはよう」「行ってらっしゃい」などの挨拶はしましょう。

親しき仲にも礼儀ありです。親しいからこその甘えから出る無礼に注意しないといけませんね。

まとめ

画像 桃井 木の子

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ