「アニマルセラピー」としても注目! ペットのもつ魅力を知る方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
イヌやネコなどの動物をペットにしている人も少なくありません。都会のひとり暮らしの人の間でもペットを飼っている人が多くなり、心身のリフレッシュに一役買っています。ここでは「アニマルセラピー」のセラピスト?としても注目されるペットについて考えてみたいと思います。

STEP1「自己紹介」

イメージとしてペットの画像をアップしている人もいるように、ペットは私たちにとって身近な存在であり、大切な家族でもあるのです。

STEP2「ペット可」

の住宅が増えたこともあり、ひとり暮らしの人がアパートやマンションでペットを飼うことも多くなりました。
また、泊りがけででかけるときペットの存在は大きなネックになりますが、ペット同伴で利用できる宿泊施設も増えました。

STEP3「アニマルセラピー」

は以前から注目されています。
高齢者施設にペットを連れていったところ、それまで無表情だった人の顔がほころんだり、動かなかった腕が動くようになった例などもあり、セラピストとしてのペットの役割の重要性について、テレビで観たこともあります。

STEP4ペットを飼うときの「しつけ」

として、主従関係をはっきりさせる必要があります。しかし、イヌやネコは「人間とペットという関係」を通し越した大切なパートナーなのです。

まとめ

Photo by love-syoko
「パートナードッグ」は、身体に障害(障がい)がある人にとってはかけがえのない存在です。 日常のなかで、ペットから受けている恩恵について考えてみることが大切なのではと考えさせられました。 余談ですが、この記事のトップの映像としてアップ、私のイメージ画像にも使っているネコは「怜雄(レオ)」です。17年前に亡くなりましたが、大人ばかりの家族にとって子ども同然の大切な存在でした。ちなみに、このFDのイラストも怜雄です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ペットとの共生・共存

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ