はじめてのゴルフ!レッスン編2【練習場へ行ってみよう!】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1266
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by rensenblink
まったくの未経験からゴルフを始める方々のために、
それぞれのカテゴリごとに、一からゴルフをご案内します。

「始めるからには上手くなりたい」方のために、
今回は「レッスン編」の第2回です。

★毎週月曜日に新着記事を更新予定!★

【関連リンク】
▼その他の「レッスン編」記事はこちら
http://okguide.okwave.jp/features/golf#cate01

STEP1【道具を揃える前に練習場へ行ってみよう】</b>

Photo by rensenblink
パットの練習はゴルフショップや自宅でもできますが、
ショットとなるとさすがにゴルフ練習場へ行かないとできません。

また、ショット用のゴルフクラブセットは、
中古のパターのように安い買い物ではないので、
やってみて「やっぱり向いてない」といやになってしまうと
もったいないことになります。

まずは、クラブセットを揃える前に、
ゴルフってどんなものか?練習場はどんな所か?行ってみましょう。
最寄りの練習場は、ネットですぐに探せます。

ゴルフが好きになれば、
これから長い付き合いになる施設です。

最初はだれかゴルフをやっている人に
連れて行ってもらうのが理想的ですが、
一人でも問題ありません。

ほとんどの練習場には
ホテルのようなフロントカウンターがありますので、
初めてでもそこで何でも聞くことができます。

STEP2【運動できるシューズを準備】</b>

Photo by rensenblink
ゴルフシューズがあれば理想的ですが、
最初は普通の運動靴でOK。

ヒールの高い靴やサンダルは、
ほとんどの練習場が禁止しています。

履きなれたスニーカーで行きましょう。

あくまで「スポーツ」であることを忘れずに、
動きやすい「走れる靴」である必要はあります。

STEP3【グローブは必要】

Photo by rensenblink
左手を保護するグローブは、
マメなどができるのを防ぐと同時に、
手が滑ってクラブが飛んでいかないようにするためにも必要ですので、
練習場にも売っていますから買いましょう。

最初はレディス用の一番安いものでOKです。

大きさがいろいろありますが、
だんだん伸びてきますので、
少しきつめのものがいいでしょう。

STEP4【クラブはレンタルできる】</b>

Photo by rensenblink
クラブを持っていかなくても
ほとんどの練習場にはレンタルクラブもあります。

最初は何本もクラブを持ち替えることは無理がありますから、
初心者用やレディス用の7番アイアンを1本借りれば十分です。

練習場によってはショップを併設していて、
中古クラブを販売していることもあります。

2千円から3千円くらいでバラで売っているクラブがあったら、
練習用に買ってしまうのも手かもしれません。

中古のレディスはなかなかバラ売りしていませんが、
練習用なら「シニア用」を
お店の人に選んでもらうといいでしょう。

STEP5【練習場のレッスンを活用】</b>

Photo by rensenblink
今後掲載される、このガイドのシリーズの
「レッスン編」を実践しながらの独学でも
ある程度なんとかなるかもしれませんが、
ほとんどの練習場には「レッスン」のコースが用意されていますので、
最初はこの「レッスン・コース」に入会するのが
上達の近道ではないかと思います。

まとめ

Photo by rensenblink
料金体系などは、練習場によってまちまちですが、
プレー費用が2千円程度、
グローブは1千円以下で見つかると思います。
レンタルクラブは数百円、
練習場によってはシューズも貸してもらえるところもあります。

【関連リンク】
▼その他の「レッスン編」記事はこちら
http://okguide.okwave.jp/features/golf#cate01


(Photo by rensenblink)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

グローブとシューズは自分に合ったものを用意しましょう。 シューズは履きなれたスニーカーでもOKです。 クラブは初心者のうちは、 7番程度のアイアン1本でいいと思いますが、 最初はクラブがなくてもレンタルできます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ