離婚するかしないかを決めるポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 桃井 木の子
離婚したいとふと思った時に、何を基準に決めればいいのかわからなくて迷っている方。 離婚という岐路に立って、実際に決断をした先輩方からのアドバイスです。

STEP1いざという時に頼れる人がいるかどうか

 特に子育て中の場合、自分以外の人手が必要になることがあります。

 子どもの学校や習い事などの迎え。

 残業時の留守番。

 病気や怪我。

 急なハプニングは、つきものです。

 職場の理解があればいいのですが、理解があったとしても、頻繁に「休ませてください」とは言い難いものです。

 困った時に、無理を頼める友人やご近所さんがいるのかどうかを考えましょう。

STEP2経済的にやっていけるかどうか

 離婚をすると、夫の籍から離れます。自分名義で住居を確保できるのかを考えましょう。

 自分名義で各種ローンが組めるのかも、考えましょう。

 児童手当などの公的援助が受けられるのかどうかも調べましょう。

STEP3おじいさん、おばあさんになっても仲良くいられるかどうか

 40代前半の女性は、産後の男女のすれ違いを10年以上引きずった挙げ句、離婚を決意しました。経済的な不安は拭えないものの、離婚に踏み込んだのは、「子育てが終わって夫婦2人だけの生活になった時に、仲良くできるのか」という問いの答えでした。

 やはり女性の場合は、気持ちがあるのかどうかということは、重要な要素なのです。

まとめ

画像 桃井木の子

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ