サウンドエンジニアリング論

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

サウンドエンジニアリングとはアートであり、またデジタルやアナログのオーディオを録音、ミキシング、操作する科学の面も持つ。レコーディングアーティストのクリエイティブな視野を示すには、音響の技術と知識が必須である。

STEP1レコーティング技術

人間の耳が理解する方法で模擬、加工処理、または操作して音を捉えるのがサウンドエンジニアの仕事である。通説では豊かで自然なレコーディングを制作するには、人間の耳の代わりとして、複数のマイクを特定の距離に置いて使用することが必要であると言われている。

STEP2ミキシング

ミキシング作業とはエフェクトを加えたり、音を操作しながら、録音されたまたは生のサウンドの適正なバランスを作り上げることである。良いミキシングとは、音のイリュージョンでもある。例えばリバーブは密閉空間内で起こる自然な特質である。ミキシング過程で、反射音波を加えてリバーブの量を人口的に増加させることにより、あたかも大きな部屋でレコーディングされたかのように音楽が制作できるというわけだ。このような処理が楽器は声に適切に応用されれば、音源がさらに大きく力強く響き、際立って聞こえるようになる。

STEP3マスタリング

マスタリングとは商品として複製される前の最終段階で音質、音量、音の透明度を可能な限り高いレベルにまで処理する行程のことである。この段階ではよく可聴周波数のレベルがイコライザーで調整される。マスタリングでは曲の最も重要な要素を引き出すものであり、音響工学の知識が重要とされる。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ