11月後半の観測チャンスはいつ?アイソン彗星を見る方法(1)

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1735
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by zaha
話題のアイソン彗星、あなたはもう見ましたか??
このアイソン彗星は、今回を逃すと二度と見られない彗星です。

そこで今回は、アイソン彗星の見える方角、時間、見つけ方などを
全3回に分けてわかりやすくご紹介したいと思います!
初回は11月の見ごろについてです。


※表記はすべて日本時間です。
※双眼鏡や天体望遠鏡で太陽を見ないよう、くれぐれも注意してください!

11月の観測チャンスは、今週末まで!!

これからのアイソン彗星観測チャンス1回目は、「11月24日までの夜明け前」です。

【11月20日】
日の出前、5:30頃に双眼鏡で見上げてみましょう。

●観察ポイント:東南東の空、やや低めの位置に輝くおとめ座の1等星「スピカ」の下、水星の右斜め上あたりに見えるでしょう。


【11月21日~24日頃まで】
アイソン彗星の見える位置は、日に日に低くなってきます。
肉眼でも見つけられるかもしれない明るさになると予測されています。

●観察ポイント:東南東の空のかなり低い位置にあり、水星と接近しています。
夜明け前、空がひらけた場所で観察しましょう。

太陽付近を通過する29日前後の観測は、日本では不可!

【11月25日~太陽付近通過(12月2日頃)まで】
この期間、アイソン彗星の明るさは最大となるものの、高度が低く観察するのは難しそうです。

特に、アイソン彗星が太陽付近を通過する11月29日前後は日本では地平線の下に沈んでしまうため、残念ながら見ることができません。

お天気は?

東京は24日までほぼ晴れの予報です。

お住まいの地域のお天気は、以下をチェックしてみてくださいね!

▼気象庁「週間天気予報」
http://www.jma.go.jp/jp/week/


明け方のお天気を知るならこちら。
今から24時間のお天気を3時間ごとにチェックできます。

▼So-net「天気」
http://www.so-net.ne.jp/weather/domestic/pref_16/point/130010.html

まとめ

まとめ

この時期アイソン彗星は東南東の低い空を、日に日にスピカから水星の方向へ左斜め下に移動していきます。
条件がよければ肉眼でも見られるチャンスです!

また、太陽付近を通過する際に彗星自体が壊れて姿を消してしまうことも。
消滅の可能性は高くないそうですが、とりあえず一度早めにその姿を見ておきたいですね!

週末はぜひ早起きして郊外へ観測に繰り出してみてはいかがでしょうか♪


▼次回「12月からの観測チャンスはいつ?アイソン彗星を見る方法(2)」
http://okguide.okwave.jp/guides/71256/

ライター:zaha8
画像/参考ページ:「国立天文台」http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2013/ison.html

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ