ストレス解消には質のよい睡眠がポイント!睡眠から生活を改善する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4321
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 美女のモト編集部
仕事の忙しさやストレスで心身のバランスを崩してしまった場合、どんな風に生活を改善していくのがよいでしょうか?

働く女子応援アプリ「美女のモト」がQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、生活改善についてのお悩みをピックアップ。専門家の方からのアドバイスと合わせてお届けします。

(C) シンフィールド/よぷのん

生活リズム改善 アドバイスお願いします

仕事の忙しさやストレスから体や心のあちこちに不調が出るようになりました。
先月こちらで相談し、今月からほんの少しだけ勤務時間を少なくしてもらうことになりました。ここでは割愛しますが、もし良ければ前回の質問をみてみてください。

いろいろ不調が出てきたことから、いま仕事量をセーブさせてもらえる間に、しっかりとぐちゃぐちゃになっていた生活を立て直したいと思っています。
アドバイスをいただければ嬉しいです。

私自身についてですが、
・小さい頃からよく寝る(8~10時間は普通)
・食べるのは好き
・低血圧(上が100いかないこともある)
・ウォーキング、ヨガが好き(本格的ではないですが)
・眠りが浅い(寝ても寝たりない、ひどいときで一時間おきに目が覚める)
・もともと人より体力や気力の回復のペースがゆっくりな気がする(アクティブな人がうらやましいですが、いまはこれが自分のペースだと考えゆっくりやっていこうと思います)
・帰宅が遅いが、朝型が本来はあっている
・疲れやすい

こんな感じです、、、。

仕事セーブ後の今月からの仕事の日のタイムスケジュールは大体こうです。
・九時起床(午後からの出勤のため、これまでは何時に寝ても11時から遅いときは12時頃まで寝てました、、、。今月入ってから毎日9時に起きてなんとか頑張ってます)
・起床後すぐ30分外でウォーキング
・ボーっとしてしまい、11時半頃一回目の食事
・その後シャワー
・12時半に家を出て、仕事。
・日によって違いますが、帰宅は22時から24時くらいになる
・二回目のご飯を食べ(ここで食べすぎる)、メイク落として軽くヨガをしてバタンキュー。
・就寝は遅い日でも、一時には寝るようにしている

こんな感じで、いまは起床時間とウォーキングはしっかりやろうと心掛けてます。
食事は1日二食のドカ食いが問題だと思ってますが、食事とその他生活をどう改善していいのか、、、。
仕事の休憩が出勤後わりとすぐの二時から45分のため、食事に当てるより少しでも昼寝に充てたく、いつも寝てしまいますが昼寝のおかげで割りとすっきりします。

こんな感じの生活リズムを少しでも改善して、
体力、気力溢れる生活が送りたい、、、と途方にくれています。
現在はプライベートな時間を楽しめる余裕もなく毎日動くので精一杯です。
体調を崩してから、ワークライフバランスという言葉を知りました。
仕事については、今後考えていくので
ここではいまの現状で改善できること、ありまくりな気がしますので、
生活リズムや過ごし方についてのアドバイスをお願いします。
休日はずっと寝てしまいます。
どうかよろしくお願いします。

【質問】仕事の忙しさやストレスで体や心に不調がでてしまいました。

睡眠と入浴との関係は深いと思いますので、シャワーのみでなく、湯船に浸かってみるのはどうでしょうか?

食事を改善したいとのことですが、現在の食事の何が問題と感じておられるのですか?

また、眠りとメンタルの関係も深く関与していると思いますので、それには音楽が効果的だと思います。
お気に入りの音楽や、メディテーション、リラクゼーション、或いはクラシックなどを聞くように心がけるのも一案です。

また、アロマなども良いかも・・満腹時は良くないと思いますが、お好みで。

また、枕やパジャマなどにも神経を使ってみては?

パジャマなどの繊維は天然素材、オーガニックなどのコットン等の素材を使ったものを。

私の場合は、音楽と入浴がポイントで、気分が違います。

洗顔やボディ洗浄なども、こだわっています。
石けんやボディソープなどもこだわって、素材、成分の良いものを選んで使いますと、お風呂上りの気分がとても良いのです。

また、タオルなどにこだわったり。

いろいろなアイデアがあると思いますが、今の段階で提案できることを書きました。

【回答】眠りの質を高めるための工夫をしてみてはどうでしょうか?

Photo by 美女のモト編集部
【専門家からのアドバイス】管理栄養士・前田あきこさんはこう考える!
「寝ダメは逆効果!平日に質の良い睡眠をとれるようにしてみましょう」

改善をしようという気づきが生まれた今日に拍手!
まずは一回、心地よく質の良い睡眠を平日にとれるようにしてみましょう。

5~6時間睡眠でも構わないので、お布団の中で「今日ここからが変わる第一歩」と前向きな気持ちでリラックスして睡眠をとってみて。

すると翌朝、やる気がみなぎって、本当に改善したい課題が1つ見つかります。この見つかった課題は、効果に拘らないで、生活リズムの中に取り入れることに集中しましょう。

2週間、その課題を継続して生活に取り入れられたら、第一段階成功です。

次のステップへと、新しい課題を加えるのもよいですし、リズムを整えるために再度、平日にリラックスした睡眠をとることで一区切りをつけてもOK。これを繰り返すと、昨日までの反省に溢れた生活から少しずつ離れること(=改善)ができますよ。

ただ、休日と平日の起床時間のバラつきは活動を鈍らせやすいので、寝ダメは逆効果。

前田あきこさん
管理栄養士/パーソナルコンディショニングコーチ
女性ライフクリニック新宿 ダイエットカウンセリング担当 。『わかる、カラダ、かわる。』をテーマに、QOLを向上させる心と体との付き合い方を伝えるカウンセラー。五輪選手やトップアスリートの栄養管理とボ ディコントロールを手がけた経験もある。http://time-line.jp/wp/SPECIALIST/akikomaeda

まとめ

Photo by 美女のモト編集部
働く女子応援アプリ「美女のモト」 http://apps.okwave.jp/bijonomoto/

日本初、最大級のQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、仕事と結婚、恋愛、人間関係など多くの女性が抱える悩みを、専門家のアドバイスやユーザーから寄せられた解決方法などを交えて紹介する読み物アプリです。

美容家の深澤亜希さん、管理栄養士の前田あきこさん、ワークライフバランスの提唱者である小室淑恵さんといった方々のアドバイスを読むことができます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ