世界食料デー!飢餓や食糧問題について考えるQA

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OたすK隊
10月16日は「世界食料デー」です。この日は、たくさんの人に飢餓や食料問題について知り、考え、行動してもらうための日だそうです!
そこで、飢餓や食材問題について知る、考えることができるQAをあつめました。まずは知ることからはじめてみましょう~。

食料を廃棄する日本と餓死者が絶えない国々

食料品を大量に生産して 大量に廃棄する日本など先進国。

一方 餓死者が絶えない途上国。

先進国で余剰する食料品などを 途上国に流せないでしょうか?
皆がよく考えて 答えが出ない問題であると考えます。

政治的な公的機関で余剰する食料を買いあげて 輸出する事例。
民間企業のビジネスとして成立している事例。
NPOなどボランティア関係の事例など。。。

事例があれば 教えてください。

出来れば 私も協力したいです。
食料品に限らないですよね。

餓死者を多く出しているアフリカ・サハラ地方の国々および、インド・ブラジルと言った国々も、実は食料輸出国だったりするのはご存知ですか?

 問題は、足りないのでなく「必要な人達に渡らない」のが問題なのです…

「足りないのではなく、渡らない」
足りないからだと思っていましたが、どうやら違うようです…!
複雑な問題ですね…。

人口爆発は、出生率(人口1000人当たり)と死亡率(人口1000人当たり)の差が大きいことが原因です。現在の日本は、どちらも10ほどです。

 平均寿命が40歳以下の、日本だと江戸時代以前の出生率は、出生率も死亡率も50~70と均衡していました。ですから、江戸時代の260年間かかって、2000万から3000万人と50%の増加でした。
 平均寿命が50歳の、現在の発展途上国だと、

本当に飢餓の状態なのか。どうして人口が増えているのか、のカラクリがわかります!
江戸時代と比べて○○のが驚きでした!

アフリカの飢餓問題で

以前から思っていたことですが、先日テレビを見ていてつくづく感じました。
飢餓に飢えている地域の方々に、古古米とか何故国は送らないのでしょうか。
価格調整とかで、せっかくの米を倉に入れておいて古古米にするとか、せっかくできた野菜を捨てるとかニュースで見ますが、捨てるぐらいなら国が貰って国の予算で貧困国に送ることはできないのでしょうか。

他の人も回答しているように、お米を食べるには大量の水が必要です。米は「炊いて食べる」ものなのです。水田というくらいですから、お米に水は欠かせないんですね。

だけど、

ただこちらの食べ物を送ればいいってわけでもないのですね…。難しい!

・発展途上国、紛争地帯、教育の行き届かない国はどう変わる?
たとえ【食料の大量自動生産設備】による食料の配布の国際協力が実現しても、今と現状が変わるとは思えません。すでに紛争地域などへ十分な量の食料を国際協力として供給しているにもかかわらず、

飢餓には、政治、戦争など色々な問題が絡み合ってるできてるんですね。
飢餓を無くすには、全体的に改善していく必要があるのかもしれません!

後進国自身の食糧生産量は必ずしも増加していません。
世界の穀物生産の増加は、先進国の大規模農業の生産性の向上の反映という側面が大きい。
では、なぜ、後進国自身での自主的・自発的な食糧生産体制の構築が遅れたのか?
戦争、水不足という原因を除けば、

後進国ゆえの問題なのかもしれませんね…!

皮肉としては、40%を切ったといわれるカロリーベースの食料自給率という概念自体が、
日本の農林水産省謹製で、他の国でこの"専門用語"は用いられないという仕掛け。
比較する相手の国も農水省の都合で選ばれており、

日本の食材自給率が低いっていわれてましたが、そんなカラクリだったとは!
「食料自給率」もガラパゴスだったのですね。

世界の貧困について

初めまして。ふと気になったので質問させて下さい。

ユニセフとかって年間数千万もの寄付金を集めてますよね?活動費等を差し引いても貧しい国の通貨に換算したら相当な金額を毎年寄付できると思うのですが、あまり貧困問題が解決されていないように感じます。

まだまだ寄付金が足りないのでしょうか?

貧困削減に必要とされる金額は生易しい桁数ではありません。
先進国からのODAは年間10兆円にまで達していますが、
それでも資金不足は極めて深刻な状況です。
国際的な目標では、必要になる金額は年間25兆円程にまでなります。
(ちなみに世界の軍事費は年間130兆円)

ただ、このような莫大な額であっても、

お金を寄付すれば解決できる問題ではないってことですね。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ