妊娠時の読み聞かせでできる 聞き分けのいい子供を育てる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1090
  • ありがとう数:0

はじめに

妊娠したら5ヶ月から始めることができる胎教の「読み聞かせ」。聞き分けのいい子供になると言われているので、始めてみてはどうでしょうか。

聞き分けのいい子供に育てるには

天才児は親のDNAが約8割。あとは環境が2割。なので、天才児が育つかどうかは元々の要素もあります。

ですが、できることなら楽な子育てをしたいもの。そんな時、おすすめな方法が読み聞かせ。読み聞かせは、通常、産まれてから始める人が多いですが、妊娠時から始めることができます。

妊娠時から始められる理由

・5ヶ月から胎児の聴覚は発達している
・親の声を聞かせることで、産まれてからも声を聞くと安心してくれる
・親と子の精神的結びつきを強くしてくれる

妊娠中、胎児の時でも5ヶ月からは聴覚が発達してきます。そのため、お腹にいる時から話しかけたりすることで、精神的な結びつきが強くなり、落ち着きのある、聞き分けのいい子供になると言われています。

科学的な証明がされているかはわかりませんが、頷ける部分も多いので、1日ちょっとずつでもはじめてみてはどうでしょうか。た

例えば……

Photo by kumiko3
絵本をたくさん買いそろえるのも大変なので、

・『子どもが眠るまえに読んであげたい 365のみじかいお話』
・『頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める』
・『母と子の心がふれあう 名作のきらめき365話』
・『日本の昔話―5分間読み聞かせ名作百科』

など、1冊でたくさんの話が入っているものがおすすめです。

始め方

<時期>
妊娠5ヶ月を過ぎたあたりから

<読み聞かせ方法>
1日1話、できるだけ毎日続ける。

日によって、お父さんに読んでもらったりしてもいいでしょう。そうすることで、父親になる気分になってくることもありそうです。

胎児の頃の記憶がある赤ちゃんもいるといいますから、読み聞かせ中に赤ちゃんが起きていてお腹の中で聞いていたら、声が届いていて、産まれてから覚えていることもあるかもしれません。

まとめ

イメージはAmazon.co.jp

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ