NTTドコモ『利用者データ販売』へのデータ提供を拒否する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3137
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by uraco
NTTドコモは2013年9月6日、携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計情報、「モバイル空間統計」を販売すると発表しました。

「個人情報」ではなく、個人を特定出来る情報は除去した「統計データ」とのことですが、自分のデータを販売されたくない場合には、データ提供の拒否を行うことが可能です。
その方法について、お伝えします。

どんな情報が販売データに含まれているのか

まず、どんな情報が販売データに含まれているのかを知りましょう。

他社へ販売される情報は以下と発表されています。
・端末の位置データ
・年齢
・性別
・住所


「モバイル空間統計」とNTTドコモが言っているのは、利用者の行動データです。つまり、どこに住んでいる、どういう人が、何時、どこへ行ったかということがわかるデータです。

住所が含まれていると言われると、ナーバスになる方も多い可と思いますが
NTTドコモの公式発表によると「非識別化処理、集計処理、秘匿処理をドコモ内部で実行し作成する、お客様のプライバシー保護に配慮した統計情報です」とのことです。

販売データは何に使われるのか

このデータにより、場所や時間による人に流れを推計でき、企業の調査やマーケティング、行政のまちづくり、防災計画などに役立つとのことです。

データの利用停止手続き方法

1:「151」(無料)に電話。一般電話からは「0120-800-000」
2:「0」を選択。
3:オペレーターの方に、モバイル空間統計データの利用停止を伝える。
(電話番号/名前/ネットワーク番号(4桁)を伝えることが必要です)


================================================
■モバイル空間統計に関するお問い合わせ、当該お客様の運用データの利用停止手続
【電話番号】
ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)151(無料)
注意一般電話などからはご利用できません。
一般電話などからの場合:0120-800-000
注意一部のIP電話からは接続できない場合があります。
【受付時間】
午前9時~午後8時(年中無休)
================================================
ドコモからのお知らせ「モバイル空間統計の実用化および携帯電話ネットワークの運用データ利用について」より引用

Photo by uraco
データ販売によって私達のプライバシーにどんな危険があるのか?
NTTドコモの「よくある質問」では
「お客様個人の携帯電話の位置、年齢、性別、住所、電話番号など、個人情報は一切提供いたしません。」とはっきり答えています。
ドコモからのお知らせ「モバイル空間統計の実用化および携帯電話ネットワークの運用データ利用について」より

「ドコモは個人情報を売ろうとしている」というデマが流れていましたが、あたりまえですが、個人が特定出来るようなデータは販売されません。安全にデータがやりとりされている上では、このデータが原因となってプライバシーが侵害されるような事態に陥ることは、考えにくいと思います。

ではどういう時に危険が振りかかる可能性があるかというと、情報漏えいの事故が起こってしまった場合です。データ内の情報が「非識別化処理、集計処理、秘匿処理」されているとはいえ、不正にデータが解析されたり、別のデータと紐付けて、個人の行動を特定出来てしまうという可能性はゼロではありません。

万が一のことを考えて、万全を期したい方や、そういう可能性があると思うだけで気分が悪い…という方には、データ提供の拒否をすることをおすすめします。

まとめ

画像
1枚目 NTTドコモサイト「モバイル空間統計の実用化および携帯電話ネットワークの運用データ利用について」より(http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/130906_00.html
2枚目 足成(http://www.ashinari.com/2013/02/04-376013.php

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ