ガソリンを安全に扱うためのポイント 携行缶の安全な取り扱い方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by omoteura
ガソリンの取り扱いには十分な注意が必要です。 揮発性が高く、常温では常に引火する可能性があり大変危険です。 安全に取り扱うためのポイントをまとめてみました。

ガソリンの危険性

ガソリンは、マイナス40℃でも可燃性蒸気を発生させており、常温では常に引火する可能性があります。

ガソリンの蒸気は空気より重く、低所に溜まりやすい性質があります。

容器のフタを開けたままにしておくと、蒸気が漏れて遠くまで到達し、思わぬものが着火源となって火災が発生してしまいます。

横須賀市HPより引用

ガソリンの取り扱いには専用の携行缶が必要

消防法令により、一定の強度のある素材を使用することと、容器が制限されています。

灯油用のポリエチレンの容器にガソリンを入れることは非常に危険です。
ガソリンは静電気火花などのわずかな火種でも引火してしまいます。ポリ容器は電気を通さないので、ガソリンに溜まった静電気を逃がすことができません。そのため、放電して火災を引き起こす危険性があります。

必ず専用の携行缶に入れましょう。

ホームセンターやインターネットショッピング等でも購入可能です。

「ガソリン携行缶」Googleのショッピング結果

セルフスタンドでの容器の注入は禁止されています

セルフ式のガソリンスタンドであっても、自らガソリンや軽油を容器に入れることは、消防法で禁止されています。

携行缶から給油する際の注意ポイント

・火器、引火物がない環境で行う
・静電気を除去する
・直射日光・高温の環境を避ける
・蓋をいきなり空けない


減圧せずに蓋を開けると噴出する場合があります。携行缶には減圧用の調整ネジがついているので、必ず減圧してから蓋を開けるようにします。

ガソリン携行缶の取り扱いについて

パッキンの劣化がないか、キャップがちゃんと閉められているかをきちんとチェックしましょう。ガソリンが漏れたり、気化したガスが漏洩し、思わぬ事故につながる危険性があります。

利用の際は取り扱い説明書をきちんと読みましょう。

ガソリンの保管

ガソリンは揮発性が高く、火災が発生すると爆発的に広がります。
ガソリンを容器に入れて保管することは、極力控えましょう。

自宅で保管できる燃料等の数量には法令上の制限があります。
・ガソリン … 40リットル未満
・灯油 … 200リットル未満
・軽油 … 200リットル未満

上記の数量を超えて貯蔵する場合は、一定の安全性を備えた貯蔵倉庫や設備が必要です。

また、事前に消防署への届け出や市区町村の許可が必要になります。

車への給油時に「減圧」を手で行っていないけど大丈夫?

ガソリン携行缶からの給油と、車の給油の違い

ガソリン携行缶の使い方として、缶を開ける場合は一旦気圧を下げる必要がある、との報道がされています。
車の給油の場合では、特に手動で気圧を下げることはしていませんが、どういう違いがあるのでしょうか?

ガソリンが膨張して気化(ガス化)することはわかりますよね。

ガソリンタンクはあらかじめこれを想定しているので満タンにしてもある程度の空間が残るんです。

だから#2さんが回答しているようにキャップをあけるというアクションでガスが抜けるんですね。

給油のときは普通は「ガソリンが少ない」ですからこのガス圧でガソリンが噴出することはありえません。

今回のケースではおそらく携行缶に空き空間を考えずギリギリまで入れていた・・・ように思えます。

だからキャップを開けた途端にガスが抜けた同時に携行缶の給油口ギリギリまであったガソリンが噴出したのでしょう。

一般的には携行缶に入れる場合、容量の98%までとされています。こうすることで気化したガソリンがキャップを開けたときに抜けてもガソリンが噴出す事態は避けられるんです。もっとも今回は非常に気温が高く、内圧が上がりやすい状態だったので98%の容量であっても噴出した可能性はありますが・・・。

ガソリンスタンドで「給油口ギリギリまで給油された」経験ってありますか?もしくはセルフスタンドで少しでも多く・・・って入れていたらあふれちゃったとか給油口ギリギリまで油面が上がってしまった・・とか。

通常、こうなっても「ガソリンが減るまで開けることはない」から問題ないのですが、もしギリギリまで給油直後に少し走行してキャップを開けたら・・・今回のようにガソリンが噴出すことは十分考えられます。

まとめ

画像はWikipediaより

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ