「うっかり日焼け」をなかったことに!なアフターケア★

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

シーズン初めての海水浴。 日焼け止めは塗っていたものの、うっかり寝てしまい大変なことに…… 一度くらいそんな経験がある方も多いのではないでしょうか? 日焼け止めは、こまめに塗りなおすことが重要です。 何も塗らなかった場合と比較して、SPF1に対して20分~25分の間紫外線をカットしてくれるそうですが、これはあくまで日焼け止めがきちんと肌に残っていた場合。 肌を触ったり、服やタオルにこすれたり、海に入ったりすれば、その効果はどんどん落ちていってしまいます。 特に夏は汗をかきやすい時期なので、こまめな塗りなおしが必要なんですね! そしてこの日焼け止めを甘くみていると、後悔する事態になってしまうんです。 そんなうっかり日焼けをしてしまったときのために、リカバリー方法を覚えておきましょう(^^)

冷やす

まずは日焼け直後。
肌は熱を帯び赤くなっていることが多く、軽いやけど状態です。

そんなときにはまず「冷やす」!!
これにつきます。

保冷剤などを使って、ほてりがおさまるまで冷やしましょう。

潤す

日焼け後の肌は乾燥しています。
そして、乾燥したままの肌は、さらに焼けやすくなっているんです。

だから、次にとるべきは体内と対外から水分を補ってあげること。

まず、お水をたくさん飲んでください。
そしてコットンやフェイス用コットンシートに化粧水をたっぷりと含ませて、5分くらいコットンパック。
(※長時間やると逆に乾燥してしまうので注意!)
このときに大事なのは、できるだけシンプルで低刺激の化粧水を選ぶことです。

ローションパックもいいですが、刺激の強い成分が入っている可能性が。
なんとなく美白成分をウリにしているものを使いたくなりますが、この段階では敏感肌用のものを選ぶのがベストです。
一般的には界面活性剤やアルコール成分を使っていないものが安心です。
定番ですが100%温泉水のアベンヌウォーターなどがおすすめです。

美白する

日焼け後2~3日たって肌が落ち着いてきたら、ここから美白対策を!
肌が落ち着いたら、美白効果のある化粧水やフェイスパックを使用していきましょう。

また、日焼け直後からぜひやっていただきたいのが、美白効果のあるサプリメントを飲んだり、ビタミンCのたくさん含まれた食べ物を摂ること。
「ビタミンACE(エース)」といわれる3つのビタミンは、お肌を整えるのに欠かせません。
スーパーなどで手軽に手に入る食材だと、ビタミンAは「ニンジン」、ビタミンCは「レモンやゴーヤ、アセロラジュース」、ビタミンEは「アーモンド」が代表的です。

内側から美白をサポートすることで、正常な状態への回復を早めます。

まとめ

いかがでしたか? もちろん日ごろから気をつけるのがベストなのですが、万が一にもうっかり日焼けしてしまったときにはぜひ、今回ご紹介したことを実行してみてくださいね。 また、私も若い頃に経験があるのですが、水ぶくれのようになってきた場合にはすぐに皮膚科へ行ってください! やけどの域なので治るのに時間がかかる上、放っておいたら服が着られないほどの痛みに…… 特に大人になってからは新陳代謝が衰えていることもあって、キレイな肌に戻すのには時間がかかるかもしれません。 痛みに耐え切れず皮膚科に行ったら、2~3日で脱皮するようにキレイになりましたよ!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ