声は老化する! 3つの予防対策とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:945
  • ありがとう数:0

はじめに

声が老化するってご存知でしたか? その原因と対策方法をご紹介します。

STEP1こんな症状ありませんか?

Photo by karadacare
昔にくらべ、声が低くなっている気がする、かすれやすくなった…。なんて感じることはありませんか? 声は加齢とともに枯れて弱々しくなる傾向にあります。

STEP2原因

声に関与している部位「声帯」は、筋肉でできているので、加齢や使わないことにより衰えます。すると、声帯のひだが閉じにくくなるので、振動しづらくてかすれ声に。
また、加齢により声帯表面のヒアルロン酸や粘液も減少するので、艶のないしわがれた声になりがちです。

STEP3放っておくと……

しゃべるだけで疲れるようになってしまうことも

聞きとりにくい、乾いたダミ声になってしまうかもしれません。また、声を出す際に声帯のひだがきちんと閉じないので、息が漏れ、しゃべるたびに疲れやすくなります。

STEP4自分でできる、声の若返りケアとは?

1 伸びやかな歌を歌う!
自分でできる声のエイジングケアは歌。歌うことは、声帯の筋トレになります。せめて2日に1度は4~5曲ほど、伸びやかな歌を歌いましょう。毎日、本の音読をすることもオススメです。

2 吸入器で声帯をうるおそう
また、声帯表面の渇きには、こまめに水分を補給し、加湿器で空気をうるおわせてください。携帯用の吸入器はイチオシアイテム。寝起き、食間、寝る前の1日4回ほど、ミストで声帯をダイレクトにうるおわすと、艶のある声を保てます。携帯用吸入器は、家電量販店にて4千円前後で購入可能。

3 のどマッサージで声帯のコリをほぐす
外側からのアプローチとして、のどをマッサージしてみましょう。声帯は伸縮することで、伸びやかな声をつくりますが喉頭の外側の筋肉が凝り固まると声帯がのびやかに伸縮しにくくなります。のど仏を左右にコリコリ動かしたり、そのまわりをやさしくマッサージみましょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ