スマートフォンで花火をきれいに撮るコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6967
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by omoteura
花火大会の多い季節になって来ました。せっかく花火大会にいったら、キレイな花火の写真をとってFacebookやInstagramにもアップしたいですよね。

スマホカメラでも工夫次第で、きれいな花火の写真を撮る事ができます。そのコツをお伝えします。

まずは場所取り

花火がキレイに見えるベストポジションを確保しましょう
・目の前に建物や電線など視界の邪魔になるものがない場所
・できれば風上(花火の煙が流れてクリアに見れます!)

アングルを決める

花火が上がる場所を想定し、花火が上がる前にアングルを決めて、予めカメラを構えておきます。
花火がひらく一瞬を、打ち上がってから追いかけたのでは間に合いません!

撮影時は、カメラがぶれないようにしっかり固定

写真撮影のことだけ考えると、三脚がベストですが、混雑する花火大会会場では周りの人の迷惑になりかねないですよね。

そこで便利なのが、同行者の方に協力してもらう「人間三脚」
両手でカメラを持って、同行者の肩に両肘を置き、頭部分にカメラを置くとバッチリ固定されます。

ただ、やりすぎると間違いなく嫌われるので注意!
とくに、花火大会デートの場合には、やめた方が無難です。その場合は、写真ではなく素敵な思い出とともに、脳裏に焼き付けましょう。

ピントと露出を合わせておく

スマホ画面で焦点を合わせたい場所をタップすると、ピントと露出を自動で合わせてくれる機能がありますよね。
いきなり撮影するのではなく、撮影前に実際の花火であわせておいてから、撮影に臨みましょう。

ズームは使わない

デジタルズームは画像が荒くなってしまうだけなので、使わない方がキレイに撮れます。

シャッターが切られるタイムラグを把握できているとベスト

スマホカメラはシャッターボタンを押してから、実際にシャッターが切られるまでに、微妙にタイムラグがあります。

ベストの瞬間にシャッターを押したのに、微妙にズレてた…という事が起こりがちです。そのため、タイムラグを体で覚えて、どの位のタイミングで押すとよいかを把握出来ていると、ベストの瞬間を写す事ができます!

写真ではなくいっそ動画を撮影する

それもひとつの方法としてはアリです。
「一瞬」を気にする事もないですし、花火の音や周囲の音や話し声が入りの動画は、思い出の記録としては臨場感たっぷりで、それはそれでいいものですよ!

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ