エアコンは冷房とドライどちらがいいの?節電&快適なエアコンの使い方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7882
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by まとめちゃん
暑い夏がやって来ました!
うだるような暑さと湿気…エアコン無しでは厳しいですよね。
節電はもちろん大事ですが、我慢しすぎて熱中症にならないためにも、エアコンを上手に使いましょう。

Q&AサイトOKWaveから、エアコンと上手に付き合うための皆の意見をまとめました!

冷房無しで眠れますか!?

私も、エアコンなしで夏を乗り切る生活を習慣にして健康になろう!
・・と頑張ってみたことがあります。
アイスノン枕とヒンヤリ敷きパッド、凍らせたペットボトルに扇風機を当てて除湿、
なんて、いろいろやりましたが、何をやっても寝苦しかったです。
暑い盛りは、暑くて夜中に何度も目が覚めてしまい、
昼間は会社で眠く、体が重い感じが抜けませんでした。

エアコンなしで睡眠不足になるくらいだったら、
多少不健康になってもいいから、エアコンをつけて夜ぐっすり寝た方が良い。

これが、私の結論です。
私はもう、エアコンなし生活は断念しました。

我慢しすぎて寝られなかったり、熱中症も怖いですよね。

とは言え、就寝時に冷やしすぎると体調不良にも繋がってしまいます。

就寝時のエアコンについて

就寝中の設定温度は28度くらいにされた方が良いと思います。エアコンは湿度をとりますので、心地よく眠る事ができます。あまり低い温度設定をされると身体が冷えきって明くる朝の目覚めに対して悪い影響を及ぼします。少し高いめの設定温度にされることをおすすめいたします。

冷やし過ぎず、ちょっと弱すぎるかな・・・?と思うくらいがちょうどいい!

エアコンは除湿より冷房が効果的で節電???

エアコンの除湿の原理は氷水の入ったグラスに水滴が付くのと同じです。
気温が下がれば湿度も低くなるので基本的に冷房にすれば除湿はされます。

除湿(ドライ)モードですが2つの方式があります。
・弱冷房方式
温度や風向き等を調整して寒く感じにくくしているけど基本的に冷える。
除湿効果は少ない。
設定温度を高めにして冷房にしているのと同じようなもの。

・再熱方式
一旦冷やして湿度を取り除いた空気をヒーターで加熱して送りだす方式。
除湿効果は高いけど、ヒーターを使う分だけ余計に電気を食う。
クーラーで寒くなったからとストーブも併用するようなもの。
湿度は下げたいけど寒くしたくないという、梅雨の時期には有効。


除湿するよりも、28℃で扇風機併用はもちろん、下手したら25℃くらいで冷房した方がよほど省エネです。
冷房は冷えるまで電気を食うけど、それ以降は微弱運転。
除湿(特に再熱方式)は常にヒーターが動くから結構な電気を使います。

電気代のことを考えると、除湿(ドライ)運転よりも、冷房のほうが経済的かも。

除湿機は効果あるの? 電気代をとにかく安く済ませたい

まず、除湿機は

(1)運転音がうるさいですヨ!
(2)室内温度が上がりますヨ!(エアコンで言うと、室内機と室外機を部屋の中に置いて運転しているようなものです。)
(3)使用電力(電気代)もそんなに変わらないですヨ!

エアコンの消費電力は約400wです。除湿機は約250~300wです。

1kw/hを20円と仮定すると、1時間の運転費用は、エアコンで約8円、除湿機で6円になります。
さらに今のインバーターエアコンは、起動当初こそたくさんの電力消費がありますが、室内が冷えてくると低負荷運転となり、その差はますます縮むことになります。

暑~い日の除湿には、エアコンの方がよさそうですね。

「冷房」と「ドライ」の違い

いちがいにどちらとは言えません機種によって違います。

エアコンのドライにはドライの方式が2種類あります。
(正確にいえば3種類ですが)

弱冷房方式・・・・・温度を下げなら除湿するタイプ
弱冷房のON/OFF運転をくり返して除湿するので電気代がかかりません

ヒーター再熱方式・・温度を下げずに除湿するタイプ
電気ヒーターで再熱するので、余分な電気代がかかります。

質問者様のタイプは室温が下がると言うことで弱冷房方式だと思います。
この場合は冷房よりもドライを使った方が10~15%程節電できます。

ドライにも方式によって消費電力に違いがあります。

エアコンの冷房とドライはどちらが体に悪いですか?

ドライが良いですよ。
汗腺を鍛える上でも、体のためにも冷房は奨められませんし、電気代も高い。
ドライは温度は下がりませんが、汗の発汗と蒸発を高めますから、冷房症や夏ばて、夏風邪もあまり引くことはありません。体の機能を生かしているわけで、直接温度を下げる場合と違い、外気の温度にも近いままで体感温度を下げることになります。
結果として、外気に触れたときもそれほど体の負担になりません。(外は暑く感じますよ)
ただし、発汗で体感温度を下げるわけですから、水分補給をすること、そして冷房に比べると効果が出るのに時間がかかる場合もあります。

最後に、効果を最大限高めるために、扇風機を併用するとさらに効果的です。これを使うだけで冷房無し(ドライ)で、冷房並に使うこともできますし、電気代も押さえられます。
どうしても、暑くて死にそうな場合は、冷房を使うぐらいが良いですね。下は冷房の有効活用方法についてすっごくかんたんにまとめてあります(簡単すぎて役に立たないかも)
http://www.nhk.or.jp/hot/onair_old/20010627/20010627.html

参考には、除湿の効果などが書かれています。

体にはドライの方が優しいみたい。
扇風機との併用で効果を最大限に!

冷房の24℃と暖房の24℃の違い

エアコンは「熱交換」機です。

冷房は室内の熱エネルギーを強制的に室外に放出(室内温度低下)
暖房は室外の熱エネルギーを強制的に室内に濃縮(室内温度向上)
させる機能です。

冷房の作動範囲は「設定温度<=室温」、暖房の作動範囲は「設定温度>=室温」の場合だけ。冷房の設定温度と暖房の設定温度はエアコンに対する要求が違うのです。
つまり、外気温が10度の時に冷房を24度に設定すると、
冷房機能では室温25度以上だとセンサーが感知した場合に室内の温度を下げるために働きますが、感知が24度以下であればエアコンは「すでに冷房をする必要を求められていない」と判断し、止まります。

なるほど~

まとめ

暑い日や寝苦しい夜には、ついついひんやりするほど部屋を冷やしてしまいがちですが、節電のためにも体のためにも、冷やし方の特徴を知って上手に使いましょう!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ