猫も喜ぶ♪上手に耳掃除をする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by zaha
「ごはんをあげること」と「猫トイレを掃除すること」は、基本中の基本。

でも、それ以外のお世話って、何をしたらいいの?

ということで、今回は猫の飼い方の中でも、ちょっと中級編。
私がやっている「猫のお世話」のひとつ、耳掃除の仕方をご紹介します。


うちの猫は基本的に警戒心が強いのですが、耳掃除はとっても気持ち良いらしく、ゴロゴロと喉を鳴らしながら身を任せてきます。
定期健診でも獣医さんにお褒めの言葉をいただきますし、猫とのスキンシップも増えるので、この方法はおすすめです。

STEP1飼い猫は定期的な耳掃除が必要!

猫も人間同様、年とともに自浄作用(自分で自分をキレイにする力)が弱くなります。
多頭飼いしていれば同居猫がやってくれることもありますが、これから猫を飼おうとする人ならまずは一匹飼いですよね。
だから、飼い主が定期的にやってあげる必要があるんです。


健康な猫の耳は、子猫の頃は何もしなくても結構きれいです。
でも少しずつ、汚れがつきやすくなるんですね。
そのうちやらなきゃいけなくなるのなら、できるだけ早く「耳の中を触られること」になれてもらいましょう。

STEP2【用意するもの】

猫の耳掃除用クリーナーやオリーブオイル
   …クリーナーはペットショップやネットで売っています。

コットン
   …女性が肌をお手入れする際に使う、小さくカットされたもの。

STEP3【猫の耳掃除のやり方】

1:コットンに耳掃除用のクリーナーかオリーブオイルを少量つけてしめらせます。

2:1のコットンを指に巻いて、指の入る範囲でやさしく汚れをぬぐいます

3:猫の耳の中をのぞいてみて、まだ汚れが残っているようなら、1のコットンを裏返してクルクルと細く丸め、部分的にふきとっていきます。

STEP4【猫の耳掃除を行うときのポイント】

・猫が大きく動かないよう、猫の顔や身体に片手を添えて行いましょう
 座らせたり、ハコ座りの状態でやるのがおすすめです。

耳の外側から徐々にマッサージするようにふき取っていきましょう
 いきなり耳の中に指をつっこまれたら、人間だって嫌ですよね!
 最初に手で、猫の耳の付け根を軽くモミモミしてから触ると、警戒心が薄れるようです。

・細部を掃除するときは、片手で少し耳をひっぱって、確認しながらふき取りましょう。
 そして掃除する方の手は、使っていない指や手首などを猫の身体にそえて固定しましょう。

・猫は急に動くので、万が一にも怪我をさせないために、点ではなく面で掃除しましょう。
 めんぼうではなく、コットンを使う理由です。

・猫の耳は敏感です。ゴシゴシとやってはいけません!
 お肌をお手入れするときのコットンは刺激も少ないので、敏感な猫の耳にも安心です。

・耳掃除がおわったら、おやつやまたたびなどのご褒美をあげましょう
 コットンを見せると寄ってくるようになりますよ(^^)

・一度、猫が不安や恐怖を感じるような耳掃除の仕方をすると、なかなかおとなしくお手入れをさせてくれなくなります。できるだけやさしく、丁寧にやってあげてください。

・クリーナーやオリーブオイルは「少量」で。垂れるほどつけてはいけません

・あまり神経質にならず、コットンが届く範囲で行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

掃除の頻度については特に決めていませんが、週に一度くらいは耳の中をチェックして、汚れていれば掃除します。

気持ち良さそうに耳掃除されている猫をみると、こっちまで幸せな気分になりますよね♪♪
親睦を深めるチャンス!

Photo by zaha8

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ