「頭の後ろ、耳の後ろが痛い!」後頭神経痛を知るポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by zaha
「後頭部が痛い」
「耳の後ろが痛い」
「首筋から頭頂部へ痛みが走る」
……こんな症状がある人は意外と多いもの。

実はこれ、「後頭神経痛」かもしれません。

神経痛とは

疲れがたまっていたりストレスを抱え込んでいるときなど、
肉体的・精神的ストレスが原因で起こる身体のSOSサインです。

後頭神経とは

後頭神経は、大後頭神経と小後頭神経(+大耳介神経)に分けられます。

・大後頭神経
  首の中心から左右2.5センチほどの位置を、
  首のつけねから後頭部に向かって伸びている神経。

・小後頭神経
  首の中心から左右5センチほどの位置を、
  首のつけねから耳の後ろやこめかみに向かって伸びている神経。

後頭神経の見分け方

首と頭の骨の間、首の中心から左右2~5センチの辺りを指で押してみましょう。
後頭部に強い痛みが出れば後頭神経痛である可能性が高いです。

ズキズキ、キリキリ、ずーんとした痛みなど、痛みの感じ方にはいろいろあるようです。

原因

心身の疲労や、生活習慣の乱れなどが原因で起こることの多い病気です。
また、後頭神経周囲の筋肉が緊張することにより痛みが引き起こされるため、
肩こり、緊張性頭痛、姿勢の悪さなども大きな原因になります。

ちなみに私の場合は、気圧の変化の激しい今の時期によく起こります。
環境的なストレスに加え、合わない枕が首や頭の筋肉を過度に緊張させ、
後頭神経痛を誘発してしまうようです。

対処法

神経痛の原因となっているものをとりのぞくため、まずは十分な休息が必要です。
身体に必要な栄養を補給するためにビタミン剤などを活用するのも良いでしょう。
肩こりなど筋肉の緊張が原因となっている場合には、
それらを緩和するための対策が重要です。

また、後頭神経痛による痛み自体もストレスとなるため、
ひどいときは我慢せずに痛み止めを飲むのも、悪化させないためのポイントです。

まとめ

とはいえ後頭部の痛みの原因は様々あります。

別の病気が隠れていることもありますので、
おかしいと思ったらきちんと病院へ行きましょうね!

Photoby 足成

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ