倦怠期に伝えたい言葉

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

夫婦や恋人、付き合いが長くなると倦怠期が訪れます。
そうならないのが一番なのでしょうが、
倦怠期になってしまったら仕方ありません。
会話を増やすために相手にこれだけは忘れたくない言葉をご紹介。

STEP1日常の挨拶。

「おはよう」「こんにちは」「さようなら」など。

会話の取っ掛かりです。
挨拶もなく、その日のデートを始めてしまうと、
それが普通になり会話も減ってしまうでしょう。

STEP2お礼、謝罪。

「ありがとう」「ごめん」など。

簡単だけど、ちょっとしたことだけど、言い忘れないように。
ナァナァになってしまうのは良くありません。

STEP3ちょっとオーバーなリアクション。

「面白い」「楽しい」「美味しい」など。

特にプラスのリアクションでオーバーにすると良いでしょう。
楽しい雰囲気や会話にも繋がります。

STEP4次の予定、約束。

「明日は○○したい」「次は○○行こう」など。

次の約束があると話題も増えます。
次の予定を話す事で非日常的な特別感を感じられます。

STEP5恋愛感情。

「好き」「愛してる」など。

理由は要りませんよね?

まとめ

長くなくて、いいんです。
日常の簡単な言葉で十分なんです。
ただ、簡単だからこそ忘れがちな言葉です。
小さな言葉を積み重ねて愛を深めましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

・短い言葉

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ