岩手の方言!南部弁を覚えてみよう!②

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

第一回
http://okguide.okwave.jp/guides/69210

岩手県北の地域で使用されている南部弁。

地元民の私が主な方言の単語と、使い方&エピソードを教えます!

STEP1南部弁について詳しく

方言詳しい方

「家の周り田んぼだらけだから」
と言うのを
「家の周り田んぼだらけ だすけぇ 」
と言うのはどこの方言でしょうか?
東北なのは完璧にわかりますが
どなたか教えて下さいー。
よろしくお願いします。

大カテゴリーで南部弁(青森県の太平洋側から岩手県にかけての方言)の中で、野辺地弁や上北弁が該当します。
また、大カテゴリーで津軽弁(青森県の日本海側)の中で、平内弁も相当します
下北弁(下北半島の北側)の一部の方も使います。
北海道の方言の中で、函館弁でも使いますね。

同じ津軽弁、南部弁でも、地域によって単語自体が違いますので、意味は分かっても話せないということが多々あります。

簡単に言うと、津軽弁、南部弁を使う地域で、一部地域限定の方言だということになります。

南部弁といっても、さらに細かくカテゴライズされます。

上記のQAのように、厳密な区分があることは私も知りませんでした・・・!
しかし、同じ町内や、別の町内ですらたまに言い方が違うことがあります。

次のSTEPからは、それをいくつか挙げていきます。


ちなみに、『だすけよ』はよく使います。

STEP2あぱこ

意味)カブトムシのメスのこと。メッカとも言う

学生の頃、
あぱこ なのか メッカ なのか
論争を繰り広げたことがあります(すげーどうでもいい)

どちらもカブトムシのメスのことです。
我々の地域では、カブトムシとかはホントその辺にいるイメージで、
東京に来たときはカブトムシを買ってまで飼うなんで
信じられませんでした。

STEP3ばんきゃ

意味)ふきのとう。ばっけ とも言う。

主に、各々のアイデンティティやスタイルによって使い分けます。
春になると、買い物袋を学校に行く前に渡され、

ばんきゃとってこ!
→ふきのとう採ってきて

と言われ、学校の帰りに集めていました。
本当に雑草のようにそこら辺に生えていました。
ふきのとうを食べてこそ、春を感じるというものです。
テンプラは本当においしい・・・!

東京ではお金を払わないと食べる機会が無いし、
春先になると ふきのとうが恋しくて仕方が無いのです。

STEP4めんこい

意味)かわいい。めごい とも言う。

これも各々のアイデンティティによって使い分けますが、
私の地元周辺では主に めごい が多いような気がします。

岩手めんこいテレビは割りとみんな知っているようで、
めんこい という単語はかなり広範囲で知られている方言かと思います。

岩手だけではなく主に東北全土で通じるイメージです。

女の子が可愛い!美人!というよりも、
どちらかというと、
子供や動物に、

いや~、まんつめごい猫だごと!
→いや~、ホントかわいい猫だね!

と使うニュアンスに近いと思います。

STEP5びゃっこ

意味)少し。 わんずか とも言う。
例)びゃっこおらさすけてけろ!
→少し、おれの手伝いしてくれない?

びゃっこ という言葉は、主に盛岡辺りで使われ、
主に地元では わんずか が多いかと思います。

まとめ

まずは自分がいる地域の単語を覚えることが
円滑なコミュニケーションを実現できるポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ