子どもの歯みがきの仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:522
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by oku38
小学校にあがるころは、乳歯から永久歯へと“歯の交換期”を迎える大切な時期です。8~9歳頃までは、保護者が1日1回仕上げみがきをしてあげましょう。

STEP1歯磨きスタート

歯が生えてきたら歯みがきのスタートです。まず赤ちゃんが歯ブラシに慣れるようにしましょう。歯ブラシを鉛筆の持ち方でにぎり、赤ちゃんの頭をお母さんの膝にのせて、寝かせた形でみがきます。
また、むし歯になりやすい奥歯の噛み合わせ4ヶ所と上の前歯は特に注意してみがきましょう。歯ブラシの毛先を歯にきちんとあて、軽い力で小きざみに動かしてみがきます。

STEP2注意点

この時期は、乳歯が生えそろったり、顎が大きくなって歯と歯の間にすき間ができたり、最初の永久歯である奥歯(第一大臼歯)が生え始めるなど、口の中の変化の激しい大切な時期です。子供がみがいたあとに、保護者がみがいてあげるようにしましょう。特に、生えはじめの背の低い奥歯や生え変わりの歯並びが凸凹している部分などは、歯ブラシが届きにくいので、歯ブラシを口のななめ横から入れ細かく動かすなどの工夫をしてていねいにみがくように心がけましょう。

STEP3永久歯

乳歯と永久歯の交換が始まり、永久歯が生えてきます。永久歯はこれから一生使用するとても大切な歯です。子供がみがいた後には、不充分なところをみがいてあげるようにしましょう。特に歯面は、3つに分けて考え、中央部は毛先全面を使ってみがき、左右の隣接面は歯ブラシの脇でみがきましょう。
また、生えたての奥歯(6歳臼歯)は、やわらかく酸に弱いだけでなく、背も低いので、ていねいにみがきましょう。

まとめ

「歯みがき開始は何歳ぐらいから?」
歯が生え始める前はとくに必要ありません。歯は大体6~7ヶ月の時に生え始めますが、赤ちゃんによって個人差があります。まだ前歯の生えはじめであるこの時期は、歯みがきも準備段階。
いきなり歯ブラシのような固いものを入れられてゴシゴシみがかれたら、赤ちゃんもびっくりしてしまいますから、少しずつから始めましょう。
歯をみがくというよりも、歯みがきを嫌がらないよう、歯ブラシなどを口の中に入れられることに慣れるのが第一の目標です。
慣れないうちはみがくのも大変ですから, 1日1回機嫌のいいときに。慣れてきたら、離乳食の回数に合わせて1日に1~3回程度が適当でしょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ