猫の異変に気づいて受診するには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:795
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by mahaaalo
できるならば医者にかかりたくないのは、人間も猫も同じです。でも、猫も生き物。体調を崩したり、怪我をしたり、病気になることもあります。猫の異変に気づいて受診するにはどうすれば良いか、紹介します。

STEP1猫の異変に気付くには

毎日猫とふれあってコミュニケーションをとっていると、体調がおかしいなど、何らかの猫の異変にに気づきやすくなります。毎日よく猫の様子を観察し、手遅れにならないようにしましょう。

突然猫が病気になったりけがをした場合、飼い主がパニックにならないよう、ある程度の対処法などを知っておくといいでしょう。

STEP2緊急を要する症状

Photo by mahaaalo
猫がいつも元気で、お医者さんにかからないにこしたことはないですよね。でも、突然の病気やけがに備えて、命に係わる恐れのある症状を覚えておきましょう。呼吸が苦しそうだったり、手足がブルブル震えるけいれん、やけどや多量の出血といった状態の時は、緊急に受診する必要があります。飼い主さんがこのような症状にいち早く気づいて、対処することが大切です。

STEP3対処法

呼吸が苦しそうな場合は、息がしやすいように、箱座りのままキャリーで運びましょう。痙攣した場合は、バスタオルなどでくるみます。やけどの場合は、濡らしたタオルにくるみ、すぐに病院へ。多量の出血の場合は、止血が大切です。

まとめ

猫が病気になったりけがをした時は、飼い主の迅速な対応が重要になります。猫がかかりやすい病気について、事前に動物病院で教えてもらっておけば安心です。

Photo by:ASHINARI

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ