子供と楽しくでかけよう!<子連れのバス・電車でマナー違反にならないためのポイント>

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6372
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by isily
小さな子供がいるとなかなか外に行かれない。
電車に乗っていて怒られてしまい、でかけたくなくなった。

小さな子供を連れてのおでかけは、楽しいはずなのに、気を遣うからストレスで疲れてしまうということも少なくありません。

周りの人に迷惑をかけることなくおでかけできれば、もっとおでかけしたい!とママやパパも楽しくなるはず。
電車やバスといった公共の乗物に乗るときにはどんなマナーに気をつければ良いのでしょうか。

STEP1【ベビーカーの利用について考える】

Photo by isily
駅にエレベーターがあるとは限らない、バスは車内が狭いからベビーカーは利用を控えるように言われる、などおでかけはベビーカー派というお母さんにとってバスや電車に乗るときに困ることが多いです。

まず、そのおでかけはベビーカーじゃなければいけないのか?と考えてみましょう。
自分のおしゃれが崩れるからというのは、ベビーカーでなければならないという理由にはなりません。

駅のホームでベビーカーが段差や隙間に挟まって電車に引き摺られたという事故もあり、電車やバスに乗る時は、安全面からも抱っこ紐を利用したほうがいい場合もあります。
車内が混んできてベビーカーが邪魔になったから子供を抱き上げてベビーカーをたたんでというのは至難の業ですし、電車やバスに乗るときに段差でえいやっとベビーカーを持ち上げるのは大変です。
それなら、最初から抱っこやおんぶしていた方が手間もかからず、ベビーカーという余計な荷物を抱えなくて済むのかもしれません。

STEP2【ぐずらない対策を練る】

Photo by isily
新幹線や特急、長距離バスなど、長時間乗らなければならないときは子供がぐずった時の対策が立てられますが、ちょっとしたおでかけだとあまり気にしないで失敗したということもあるでしょう。

ぐずってからではなく、ぐずらないための対策として、見た目よりも脱ぎ着しやすい洋服を選んで体温調節しやすくする、お気に入りや欲しがっていたおもちゃ、好きな絵本を持っていく、周りを汚さないお菓子や飲み物を持っていく、といった工夫が必要です。

音が出るおもちゃは子供が静かになってもおもちゃの音で迷惑をかけるのでやめましょう。
お菓子類はスナックなど床に落として粉々になるものや手がベタベタになるものは、車内を汚したり、他の人の洋服を汚したりすることがあるので避けましょう。

また、フライドポテトなど、においの強い食べものもやめたほうがよいでしょう。
すぐ近くに、においが苦手な人やつわりで苦しんでいる妊婦さんがいるかもしれませんよ。

STEP3【怒るより理解させよう】

Photo by isily
子供が大人の言葉を理解できる年であれば、電車やバスに興奮して大騒ぎしてしまったときに、電車やバスには自分以外の人が乗っていることを説明して「他の人もいるから、静かにしなければいけない」ということを子供自身に考えさせて、マナー違反であることを理解させましょう。

小さな子供は、「自分が楽しいこと」は「みんなも楽しいはず」と思っています。
そのため、電車やバスではしゃぐことが周りに迷惑をかけることだとか、悪いことだということを知りません。
「うるさい!」「静かにしなさい!」と頭ごなしに怒って、その時だけ静かにするのは怒られたからであって、マナーを理解したわけではありません。
マナーが理解できれば、次からは軽く注意するだけでいいですし、大きくなってもキチンとマナーを守れる大人になるはずなのです。

STEP4【イライラしない】

Photo by isily
静かにさせないと、迷惑かけないように、など自分で自分にプレッシャーをかけてしまうと、イライラしておでかけが楽しめない上、子供にもイライラが伝染して、ワガママを言ったり、いつも以上に困らせる行動をしたりしてしまうかもしれません。

子連れで出かけると「周りが気を使ってくれない」と嘆いてしまうこともあるでしょう。
それでは、自分が親になる前に、親子連れと電車やバスで遭遇した時にマナーが悪くてイヤだなと思ったことはありませんか?

車内を歩き回らない、走らせない、座席に靴のまま上がらせない、お菓子を散らかさない、飲み物をこぼさない、汚したら片付ける、ゴミは持ち帰る、など最低限のマナーを守るのは当たり前です。
そして、自分が親子連れを見てイヤだなと思ったことを、自分たちはしないように気をつけて、楽しいおでかけができるようにしましょう。

まとめ

Photo by 「写真素材 足成」より

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ