オーストラリアで賢く住まいを探す方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:591
  • ありがとう数:0

はじめに

ホームステイ、学生寮、ルームシェア、アパートメントなどたくさんのパターンがあります。都市によって値段や事情が変わってくると思います。今回は各都市のアパートメントの探し方を説明したいと思います。

STEP1サイト

オーストラリアで賃貸物件を探す方法ですが、主に下記のWEBサイトより全豪の賃貸物件を探すことができます。そのほか、都市によっては、賃貸物件情報を取り扱っているサイトもあります。

o www.domain.com.au
o www.realestate.com.au

都市を決め、さらに具体的なエリア(Suburb)を選び、予算に合わせて、検索することができます。その際に、インスペクション(下見)日程、家具付き物件やペット OK物件、そのほか、駅まで1km圏内など、細かな条件を付けることもできます。通常、入居契約期間は、半年~1年間以上が一般的です。

めぼしい物件を見つけたら、物件を管理している不動産会社または、物件の所有者(オーナー)に、英語で連絡していくことになります。都市や物件によっては、所定のアプリケーションに個人詳細を記載して提出する必要があります。個人詳細には、住所や電話番号だけでなく、勤務先や給与詳細、過去の住まい詳細、リファレンス(2名)の詳細などを求められます。また、身分証明書(パスポートと国際運転免許書のコピーなど)も共に提出します。

そして、書類選考のもと入居者が決定されます。入居が決まると保証金(ボンド)ならびに、賃貸料金(通常1カ月分)を預けて入居先を確保します。 ボンドの料金は、家賃の平均4~8週間分に相当します。その後、家賃は月ごとに支払っていくことになります。

STEP2下見

家を見に行くときの注意ですが、めぼしい物件を見つけたらインスペクションとよばれる日に下見にいきます。また、物件によっては、電話でアポイントを取って、下見にいく場合もあります。

家を見に行くときは、自分が借りることになる部屋の広さ、ドアに鍵がついているかどうか、トイレやシャワーなどを確認しましょう。また、いつか ら入居できるのか、ボ ンドの金額などを確認しましょう。そのほか、周囲の公共交通機関なども下見の際に、確認しておくことをおすすめします。わからないことははっきり聞い て確認し、クリアにしておくことがトラブルを事前に防ぐポイントです。

STEP3電話

電話をかける際の英会話は下記の例を参考にしてみてください。

問い合わせする時の英語でのやり取り例:

●あなた:
I am calling regards the rental accommodation of ---------------. Do you still have a vacancy available?
私、 --------------- の賃貸物件について連絡しているのですが、まだ空いていますか?

●オーナー:
Yes.
はい

●あなた:
I would like to make an appointment for an inspection. Could I have a look the property during week day?
物件の下見をしたいのですが、平日で見させて頂けますでしょうか?

●オーナー:O.K. How about tomorrow at 1p.m.?
いいですよ。明日の午後1時はいかがですか?

●あなた:
Yes, that is fine tomorrow at 1p.m.
わかりました。それでは、明日午後時にお会いします。

●オーナー:
O.K.
わかりました。

●あなた:
Thank you very much.I will see you tomorrow.
どうもありがとう。それじゃ、明日お会いしましょう。

STEP4最後に

賃貸物件を探して部屋を実際に下見に行き、入居するまでのステップは上記のとおりです。一度で、ご自身の思い通りの条件の賃貸物件を見つけることは難しいかもしれません。あきらめずにいくつかの物件に当たってみて、自分の希望に近い家を 見つけましょう。

また、家探しは住まいとなる地域の地理状況を把握する上でも大変いい経験となりますから、是非、楽しみにながらお探し下さい。1日も早く、入居先が見つかることを願っています!

まとめ

賃貸シェア探しのステップをまとめてみます!

①物件の掲載されているWEBサイトから自分の希望する地区の物件情報を抜粋する

②電話をかけ、空き状況を確認し、宿泊先視察のためのアポを入れる

③物件を見に行き、立地や部屋の環境などの相性をチェック

④物件が気入ったら、その場で不動産会社担当または、オーナーよりアプリケーション・フォームを受取る

⑤アプリケーション・フォームに必要事項を記入してものを身分証明書類(パスポート)と共に不動産屋または、オーナーに提出する

⑥不動産会社と物件オーナーによる、入居者の査定を受ける

⑦不動産会社より入居決定の連絡を受け次第、不動産会社にて契約手続きを踏むボンドと家賃を支払い、領収書と鍵を入手する

⑤入居予定日に引越しする

http://www.aswho.com/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

パスポート 国際運転免許書

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ