サバンナ高橋さんが教える 先輩とうまく関係を築くコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1109
  • ありがとう数:0

はじめに

4月11日のNHK、オトナへのトビラTVで放送されていた内容です。これを守れば先輩とも上手く関係を築けるかも?

STEP1□ 先輩力 後輩力

4月11日のNHK、オトナへのトビラTVの番組のテーマは「先輩力 後輩力」でした。

インタビューされていたサバンナの高橋さんが教えていた「先輩とうまく関係を築くコツ」がなるほどと思えた内容なので紹介します。

本人が学生時代に気をつけていたことなのだそうですが、その内容とは……。

STEP2□ 先輩とうまく関係を築くコツ

・手紙は直筆で
・ファッションで目立つな
・うまいの3段活用を心がける

この3つに気をつければ先輩とうまく関係を築けるとしています。

「手紙は直筆で」は、気配りをすることで、後で自分に返ってくるそうです。相手にとっては「ありがとう」と思う些細なことを積み重ねると「いいこと貯金」ができるみたいです。

そして、「ファッションで目立つな」は高校時代の自分の友人が経験したことから。自分の友人が3色のリストバンドをしていて「ファッションで主張しすぎると、目をつけられる」経験をしたので、心がけていることなのだそうです。

また、「うまいの3段活用を心がける」は先輩にご飯をおごってもらった時に「おいしそう」「おいしい」「おいしかった」と言うと、先輩が嬉しく思ってくれる心理を利用したワザです。

STEP3□ 上手に利用してみてください!

後輩のプロ、サバンナの高橋さんからのアドバイスなので信憑性があります。この番組は10代の人向けだったので、若干「お局さま」に適用できるかわかりませんが同じ「人間関係」。

されて嬉しいと思えることを後輩から率先してすると、先輩からの評価が高くなるかもしれませんよ。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ