Nアカ「色彩検定2・3級講座」でカラーセンスを磨いちゃおう!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:780
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by isily
子供が幼稚園や小学校に入ったのをきっかけに、家の片付けに力を入れてきました。不要なものを片付けたら、やはり新しいファブリックに模様替えがしたくなります。
今までは好きな色で選んでいたのですが、子供が生まれてからは子供が好きな色やキャラクターものが増え、気がつけば様々な色が氾濫している状態に。

せっかくなので、カラーセンスを身につけて、おしゃれな部屋にしたい。ついでに資格を取って、あわよくば仕事にできたら……、と一石二鳥も三鳥も狙って、e-ラーニング講座の、「色彩検定2・3級講座」を受講することにしました。

▼Nアカデミー「色彩検定2・3級講座」
http://n-academy.jp/human/shikisaikentei/

STEP1【色彩検定資格とは】

Photo by isily
色彩検定とは、公益財団法人色彩検定協会が実施している、「文部科学省後援 色彩検定?」という技能検定のことです。

受験制限はなく、誰でも好きな級から受験できます。
色のはたらき、色彩調和、色彩効果など色彩に関する基本的な事柄を理解できているのが3級、基本的な事柄を理解した上で、その知識を使う技能を持っているとのが2級、2・3級の内容よりもさらに深い色彩の知識を持ち、技能を持っているのが1級です。

3・2級はマークシート方式(2級のみ一部記述あり)、1級は1次がマークシート方式、2次が記述式と一部実技となっています。
試験日程は、6月、11月(1級2次は12月)となっています。
3・2級は同日に併願受験ができます。

[PR] 日々の生活から仕事にまで。その活用方法とは?

STEP2【「色彩検定2・3級講座」とは】

Photo by isily
色彩についてさまざまな知識を勉強して、「色彩の実践的活用能力」を身につけ、「色彩検定3・2級」に合格するための講座です。

講座内容は、受験するための内容になっていますが、「色彩検定」の知識は仕事や趣味に生かせるものです。
ファッション、住宅、インテリア、エクステリア、メイクはもちろん、お店の商品陳列など、現在の仕事に幅広く生かすことができるスキルを得られるようになっています。

講師は、東京カラーズ主宰、桜井輝子さんです。
受講料は、定価49,000円、受講期間は6ヶ月です。

[PR] 日々の生活から仕事にまで。その活用方法とは?

STEP3【受講する】

Photo by isily
まず、Nアカデミーに入会して、「色彩検定2・3級講座」への入会を申し込みます。
そして、クラストップにあるファイル一覧から受講ガイドを確認し、送付される教材一式、カリキュラム、学習の進め方、実力判断テストについて目を通します。
教材が届いたら、学習開始です。

ステップ1からステップ10までじっくりと時間をかけて、色彩に関する様々なことを勉強していきます。
教材に入っている新配色カードやJIS規格 日本の色269色などを使って、PC画面とは微妙に違う正しい色で学習することで、試験対策もばっちりです。

[PR] 日々の生活から仕事にまで。その活用方法とは?

STEP4【カラースキルを身につける!】

「色彩検定2・3級講座」を受講して驚いたのは、その知識の幅広さです。
最初は、単に配色などのセンスを身につけるものだろうと思っていたのですが、眼のしくみや照明の色との兼ね合いにはじまり、色彩が人にもたらす心理や同じ色でも素材によって見え方が違うこと、住宅や庭造りの環境にまで様々な色について知ることができました。

色が持つ力はとても大切で、自分のファッションはもちろん、部屋作りや庭造りなど、これから新生活を始める人や家を立てる人にとってためになる知識が満載でした。

覚えることが多く、単純な暗記では受験は無理なので、これからじっくりと勉強して11月の試験で3・2級を併願受験できたらと思っています。
色彩検定の資格を方たちがブライダル業界などで活躍しているので、そういう仕事につけたらいいなと夢を見つつ、それまでは、勉強したことを生かして、照明の電球色やファブリックの色をその部屋にあったものに変えて、居心地のいい部屋作りを実践したいと思います。

[PR] 日々の生活から仕事にまで。その活用方法とは?

まとめ

Top画像:Nアカデミー
STEP2~4画像:Nアカデミー「色彩検定2・3級講座」より

http://n-academy.jp/human/shikisaikentei/

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ