YouTube動画の自動字幕機能に頼るべきでないポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1572
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by れい
YouTube動画には自動字幕という機能がついているので、日本語の動画に日本語キャプションや英語字幕を表示させたり、海外動画に日本語字幕を表示することができますよね。でも字幕内容はあまり信用しない方がいいです。字幕機能に頼るべきでない理由を1つずつ説明させていただきます。

STEP1英語の勉強にはならない

英語の勉強のためにYouTube動画を利用する人もいますよね。ネイティブの音声を聴くだけなら良いのですが、英語動画で自動英語キャプションや日本語字幕を表示させて意味の確認をすることはおススメできません。用語を正しく聞き取れないようで、結構めちゃくちゃだからです。

STEP2海外マーケティングは期待できない

海外の市場も視野に入れているのに「自動字幕で英語が表示されるからいいや」と放っておくのは危険です。自動翻訳された内容が正しくないことはご説明しましたが、たまに真逆の意味の字幕が出ることもあるので、海外の見込み客への正しいマーケティングはできないと思っておいた方が良いでしょう。

STEP3SEO対策にならない

ちゃんとした字幕をつけることはSEO対策になりますが、自動字幕機能を使った字幕はGoogleにインデックスされません。つまりテキストで動画内容を検索エンジンに伝えることができないので、SEO対策にはならないのです。

まとめ

自分の日本語動画に正しい英語字幕を表示させる唯一の方法は、人による翻訳です。自分で訳すか、英語が得意な知り合いに頼むか、プロの翻訳家に依頼するといった選択肢があります。

ちなみに日本語動画の日本語キャプションも当てにはなりません。「一日一食」が「1インチ一色」という面白い訳(?)になっていたりします(^_^;)日本語キャプションをつける場合も、台本を書き起こしてちゃんとした字幕をつけた方が良いでしょう。


★High500[ハイファイブ・ハンドレッド]に出品しています★
http://high500.com/users/reisudo


画像: クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下KunoCreativeより提供されているYouTube動画のスクリーンショット



特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ