英語でネコ用語を知るポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5898
  • ありがとう数:0

はじめに

ネコ好きなら知っておきたい英単語をまとめてみました♪

STEP1ネコ系の単語

・cat:1番一般的ですね。
・kitten:「子猫」という意味です。
・kitty:「子猫」という意味ですが、大人のネコに親しみを込めて「ネコちゃん」と呼ぶようなときにも使われます。(よく英語圏の人は「キディ、キディ、キディ」と言って呼びかけたりします)
・feline:「ネコ科の」という意味です。ネコ関連の記事の見出しなどにもよく登場するので、押さえておきたい単語です。

STEP2ネコが発する音

・meow:「ニャー」です。動詞でもあるので、[My cat is meowing]と言えば「うちのネコがニャーと鳴いてる」となります。
・purr:「ゴロゴロ」と喉を鳴らすあの音です。これまた動詞でもあるので、[The cat is purring on my laps]と言うと「ネコが私の膝の上でゴロゴロ言ってる」という意味になります。
・hiss:怒ったり威嚇するときに出す「フーッ」とか「シャーッ」のことです。これも名詞でもあり動詞でもあります。[The kitten hissed at my dog]は「その子猫は私のイヌにフーッと言った」という意味です。

STEP3その他のネコ用語

・grooming:毛の手入れを意味するグルーミングは日本でも浸透している言葉ですが、「毛づくろい」という意味もあります。[My cat is grooming himself]と言えば「私のネコが毛づくろいしてる」になります。
・sharpen one's claws:「爪をとぐ」という意味です。[Cats sharpen their claws]は「ネコは爪をとぐものだ」という意味になります。
・scratch:爪とぎの続きです。「引っ掻く」という意味ですね。[Our cats scratch furniture!]と言うと、「うちのネコ達は家具で爪とぎをするんです!」となります。
・knead with one's paws:paw(s) は「足」、knead は「揉む」とか「こねる」という意味。つまり[My kitty kneads with her paws]は、「うちのニャンコはふみふみします」という意味です。
・pad(s):肉球~♪ foot pad(s) とも言います。

まとめ

海外でネコに話しかけるとき、誰かとペットの話をするときなどにお役立てください(^^)


★High500[ハイファイブ・ハンドレッド]に出品しています★
http://high500.com/users/reisudo



特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ