計画倒れ、丸投げ、トゲトゲしい上司や同僚とうまく付き合うコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:876
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by uva-uvas
職場の困ったさんには苦労しますね。程度に距離を取りながらうまく付き合っていきましょう。

STEP1計画倒れの上司

計画を練るのが得意で、いろんな改善策を提案したり、プレゼンではうまくやるのに、実際にはまったく進行させられないという上司も少なくありません。
そのまま企画倒れはもったいないし、あまり続くとストレスになります。

そういうときは「あの計画とても良かったので」と持ち上げて、上司抜きでも自分たちである程度形をつくり、進行できる方向に持っていきましょう。

STEP2丸投げする上司

Photo by uva-uvas
丸投げをする上司には自覚があってやっている人と、本人には自覚がまったくない人がいます。

自覚がない人の場合は、これ以上は抱えられないと素直に言ってみましょう。
これとこれの進行で手一杯ですとアピールすることで、上司が気付いてくれることがあります。

自覚があってやっている人の場合は、回りに相談しながら対応するとよいでしょう。
また上司の上役に相談することを最終手段として考えておくと気が楽です。

STEP3やたらとトゲトゲしい同僚

Photo by uva-uvas
なぜかやたらと人を見下したり、事あるごとに人を傷つけるセリフを言う人がいます。
こういう同僚を持ってしまうと極力関わらないのがポイントです。

わざとそうやっている人には無反応が有効です。
過度に反応せずスルーすることで相手がつまらなくなります。

また攻撃性とともに見栄っ張りな一面もある、人を見下すタイプには、そういう言い方は対外性がよくない、感じが悪いとハッキリ言ってやるのも効果があります。

まとめ

あまりストレスになってしまう場合は、必要最低限のつきあいというスタンスを守ることで、気持ちが落ちつきます。

STEP2Photo by:写真AC
STEP3Photo by:ASHINARI

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ