国税、地方税、これにも税金が? 意外と知らない税金について

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:478
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kiiiitos
日本で生活する上で、納税は国民の義務です。
意外と知らない税金について紹介します

STEP1国に治める「国税」

国税は、その名の通り国に払う税金です。
所得税や法人税、相続税が国税にあたります。

所得税は給料支給者が予め税金分を支払っているケースもあります。

相続税は他人から金銭の贈与を受けるときに適応される税です。
条件によっては減税措置もあります。

STEP2地方自治体に支払う「地方税」

Photo by kiiiitos
地方税には都道府県税や市町村税があります。

県民税には固定資産税や自動車税が含まれます。
市町村税には軽自動車税や温泉や入浴施設を利用する時に支払う入湯税があります。

地方税は各種地方自治体により税率が異なります。

STEP3知らないうちに支払っている税金も?

Photo by kiiiitos
日常の生活の中で支払っている税金の中に、消費税があります。
年齢を問わず支払っている税金の代表と言われています。

消費税は時代により税率が異なっています。現在は商品価格に対して5%が税金として課せられ、商品価格の表示は税込価格が一般的です。

まとめ

国税は全国一律で税率が決まっています。
たばこや石油にも税金がかかっています。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ