セクハラの基準は人それぞれだけど……対処法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:480
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by gufo
職場での困りごとに「セクハラ」があります。
実際に被害にあうと、職場に行くのも嫌になります。
セクハラにあったらすべきことを紹介します。

STEP1セクハラの基準は人それぞれ

Photo by gufo
職場でのセクハラ行為が問題になっていますが、日本語では性的嫌がらせを意味します。

意味も無く体に触れる、プライベートな情報を聞き出そうとする、不快な下ネタを連呼するなどがセクハラにあたります。

しかし、このような行為の中でも、セクハラと感じるものと感じないものは個人差があります。不快に感じる性的嫌がらせがセクハラと覚えましょう。

STEP2イケメンならOK?セクハラの基準

例えば、芸能人のように端整な顔立ちをした男性社員から「肩、こってるね」と言われてあなたの肩を揉まれたとします。この場合、セクハラだと感じますか?

この行為自体は「セクハラ」に当たりますが、人によっては気分を害さない人もいます。
しかし、自分の好みではない人から同様の行為をされると「セクハラだ!」という人も。

人によってセクハラの基準を変えない事も職場環境を円満に保つコツです。

STEP3セクハラの被害にあった時の対処法

Photo by gufo
セクハラだと感じる行為の被害に合った場合、まずは「不快に感じている」事を伝えます。
それでもセクハラ行為が収まらない場合は、上司に相談します。

セクハラを行ってくる人物が上司の場合は、会社の人事部や相談窓口に相談します。
該当する部署が万が一ない場合は、警察や法テラスでも相談出来ます。

まとめ

現在は法律により、会社毎にセクハラ対策を行う義務があります。
相談しても解決しない場合は、労働基準監督署へ相談するか弁護士を通して話し合いを行う事が重要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ