お弁当のすきまを埋める3品♪ ミニトマト、かまぼこ、冷凍食品のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kon
ちょい足し具材をお弁当に入れることで、空いているスペースが埋まります。 そんな便利な具材を、3つ紹介します。 イメージ:小牧かまぼこ http://www.komaki-kamaboko.co.jp/pages/shop/anpanman/index.html

STEP1ミニトマトとそのポイント

Photo by kon
栄養もあり、お弁当が色鮮やかになるというメリットがある食材です。

ミニトマトも様々な種類が販売されていますので、複数種類のミニトマトを使うとお弁当が宝石箱のようになります。

腐りにくくとても便利な具材です。

STEP2かまぼことそのポイント

Photo by kon
ピンクのかまぼこを使うと、おせち料理のような色鮮やかさがお弁当箱の中で作られます。
女の子はかまぼこのピンクが大好きです。

近年ではキャラクターのかまぼこも販売されています。
切るだけでお弁当に入れることが出来る点も、非常に便利です。

イメージ:小牧かまぼこ
http://www.komaki-kamaboko.co.jp/pages/shop/anpanman/index.html

STEP3冷凍食品とそのポイント

Photo by kon
お弁当ライフに冷凍食品は、非常に便利な存在となっています。

近年では冷凍したままお弁当箱に入れると、ランチタイムまでに解凍される便利な商品も増えています。

1品足りない時に、冷凍食品は強い味方となるアイテムです。

イメージ:味の素冷凍食品
http://www.ffa.ajinomoto.com/recipe/obento/ebiyose_iropon.html

まとめ

お弁当に入れるおかずがない時、新たに何かを作るのは大変なことです。 忙しい朝だからこそちょい足し具材を活用して、賢くお弁当を作りましょう。 STEP2イメージ:小牧かまぼこ STEP3イメージ:味の素冷凍食品

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ