習い事にかかる費用のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1346
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kon
夢中になれる習い事は大人も子供も楽しめます。
実際にお稽古事やレッスンに通う場合の費用について考えたいと思います。

STEP1習い事にかかる主な費用は月謝と教材費

習い事にも様々な種類がありますが、どのような習い事でも月謝と教材費が必要となります。
月謝は毎月のお稽古事にかかる費用で、教材費はその都度請求する教室もあります。

その他、入会時に入会金がかかる習い事もあります。入会金は原則として返金されないお金です。

STEP2習い事にかかる費用の落とし穴

習い事を始めると、思わぬ出費があるケースもあります。発表会や展示会を開催するとなると、参加するための費用が発生する事もあります。

ピアノやダンスといった発表会がある習い事では、発表会の際に着用する衣装代や発表会のチケット代もかかる場合があります。

習い事にかかるお金は入会前に確認しておきましょう。

STEP3習い事にかけられる費用の算出方法

習い事にかけられる費用の相場は、収入の約1割程度と言われています。

毎月の月謝と教材費・交通費といった諸費用を含めて月収の約1割程度がお稽古ごとにかけられる相場です。

この目安にそって、習い事に出せる予算を考えるのも良いです。

まとめ

スクールや個人で開設している習い事よりも、公共施設で開催しているカルチャースクールの方が月謝は安い傾向にあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ