e-Taxを使って確定申告をするための準備

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:797
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by にゃー
いよいよ個人事業者の皆さんにとって恐怖の確定申告の締切り日が迫ってまいりました。私も今までは3月が憂鬱で仕方ありませんでした。
でもこれを使えば楽々すいすい確定申告が出来るようになり、今では頭を抱えることもなくなりました。
それは国税庁の確定申告ツール、「e-Tax」です。ここでは「e-Tax」の使い方を簡単に述べることにします。

STEP1必要なものその1:「住基カード」です。

Photo by にゃー
正式名称は「住民基本台帳カード」です。
これは各地方自治体が発行するもので市区町村の交付窓口で申請をします。本人写真と本人確認書類(免許証・パスポート等)が必要です。500円くらいです。
この時に4桁の暗証番号を決めます。これは絶対忘れないようにしましょう。忘れたり紛失したりするとまた再発行のため市区町村の窓口に足を運ぶことになります。

STEP2必要なものその2:「ICカードリーダー」です。

Photo by にゃー
これは住基カードを読み取るために必要です。
家電量販店でしたらどこでも扱っていると思います。ちなみに私が購入したのはヨドバシカメラで1700円でした。
購入したら必ず動作確認をしましょう。PCのUSBポートに繋いで住基カードを差し込みます。ランプがグリーンに光ればOKです。

STEP3さぁいよいよ確定申告の始まりです。

Photo by にゃー
国税庁のHPを開きましょう。リンクを貼っておきます。
なんか難しい用語がいっぱい並んでいますね。私も最初はビビリました。
でもここで怯んではいけません。私たちには易しい「e-Tax」が待っているのです。
臆せず一番上のオレンジ色の「確定申告特集」をクリックしましょう。
すると「e-Tax」と書面提出の選択画面になります。迷わず「申告書等の作成を開始される方」をクリック。
青い「確定申告書等作成コーナー」の画面が出たら「申告書・決算書等作成開始」をクリックです。
これで「e-Tax」がスタートします。後は「e-Tax」が教えてくれる通りにチェックボックスを確認しながら進んでいきます。
計算も全部「e-Tax」がしてくれるのでとっても楽チンです。

STEP4ここで注意事項です。

実際に数値の入力を始める前に「e-Tax」では「利用者認識番号」を取得しなくてはなりません。
これは税務署が本人(住基カード)と「e-Tax」とを紐付けるために行うものです。初めてでしたら「利用者認識番号をお持ちでない方」に飛んで個人情報を入力しましょう。これで「e-Tax」のための準備はおしまいです。

まとめ

出典元:国税庁ホームページ
(http://www.nta.go.jp/)
「前書き:photo by 国税庁ホームページ」
「STEP1:photo by nekonekop」
「STEP2:photo by nekonekop」
「STEP3:photo by 国税庁ホームページ」

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ