Q)よく「ほめて育てよう」といいますが、しからずにほめるだけでしつけができるか疑問です。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:649
  • ありがとう数:0

はじめに

正しく「ほめて育てる」方法、みなさんはご存知ですか?

STEP1【自然に出てくるほめ言葉】

目的を達成したときや、一生懸命やったときにほめられると、大人でもうれしいもの。見守っていたほうも、「えらい、よくやったね」と、思わずほめことばを口にしているでしょう。

提供:子どもの医学☆お薬

STEP2【意図的にほめるのは「評価」と同じ】

そうではなく、言うことを聞かせたいがために意図的に「ほめてあげる」のでは、子どもを評価しているのと同じこと。
お手伝いをしてくれたとき、「100点よ、ほめてあげる」「30点くらいかな、これじゃ、ほめてあげられない」と言っているのと同じことなのです。

こういう言い方をしていると、しつけのことでも「お母さんが気に入るように100点を取らなくちゃ」、あるいは「ぼく、0点でもいい」となりかねません。
ほめてあげればよいわけではないのです。

提供:子どもの医学☆お薬

STEP3【しかることも必要です】

また、自分はもちろん、他人の命や健康、人権を損ねるような危険を冒したときには、厳しくしからなければなりません。
車道に飛び出した、他人を傷つけた、火で遊んだ、そのような場合は、なぜいけないのか、説明と一緒にしかります。次に守れたときには、自然とほめているはずです。

提供:子どもの医学☆お薬

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ