花粉症に効く!食べ物&飲み物&対策方法&豆知識!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2281
  • ありがとう数:0

はじめに

春風とともにやってくる花粉!花粉症に困っている方も多いのではないんでしょうか!
そこで花粉症対策のコツがかかれたQAをまとめてみました!
試して、少しでも症状が軽くなりますよーに!

花粉症の原因は?

◇花粉症は原因も症状も、人それぞれに違いや程度の差があるようです。
昨年までは、無かった症状でも、今年の原因物質(ex、杉の花粉の大量飛散吸入)により、今までは花粉症と無縁だった人でも、一旦、臨界点(症状が出ない限度)に達すると発症し、以降は持病化するケースも多いです。

◇そのメカニズムは、主に身体の抗体反応(ヒスタミン等の働きで、花粉や塵埃等の異物を体外へ放出しようとする)で、その原因物質(アレルゲン)から身体防御の為に追い出そうとする記憶や対応が花粉症であり、いわば過剰防衛のようにアレルゲンの刺激に対し、喉のイガイガ感や咳、目の粘膜には涙、鼻の粘膜保護には鼻水・くしゃみといった条件反射的な動作が繰り返されたり行われる。

◇しかも、そのアレルゲン物質は花粉(杉・ヒノキ・白樺・ブタクサ・キリンソウ・稲etc)や排気ガス・粉塵・カビ胞子・埃・ダニの死骸や糞等の多種多岐に亘り、人により様ざまです。

◇従って、花粉症かどうか、原因は、治療法は・・・
専門医(眼科や耳鼻咽喉科)での血液検査や診察で検査する事が一番です。

◇その上で、一時的な原因や、症状緩和には空気清浄機・マスク・うがいや手洗い・加湿器・掃除・花粉等の侵入防止(衣服や髪に付着の吸引)等の実施で予防と症状の緩和に努める事でしょう。

◇原因別の対策が効果があるのですが・・・
ex、

※スギ花粉:杉の種類や植栽の少ない北海道や沖縄に花粉症対策ツアー(講習会と杉の少ない環境で花粉症を抑えるツアー)が人気。

※ホテル・旅館での花粉症対策ルーム:一部ホテルでは、ドアー付近の空気清浄機で衣服や頭髪に付着の花粉をキャッチして、さらに加湿器の湿気で静電気による花粉や塵埃の付着や持込を抑制、喉・鼻や眼の乾燥防止と粘膜保護により症状緩和を企画、PRして花粉症に悩むユーザー(ビジネスマンや学生)を勧誘している。
加湿器の効果は、雨上がりに遠くの景色が良く見える(塵埃が沈下)、花粉症の症状が出にくい、咳やアレルギーの緩和が期待されてる。

人によって様々なんですね…!

花粉症と風邪の見分け方

鼻風邪の場合、くしゃみは数日で治まり、鼻水も次第にさらさらしたものから粘りのあるもの(粘膿性)に変わってきます。花粉症のくしゃみは一度に何回も繰り返して出るのが特徴で、鼻水は大量でさらさらしています。
また、花粉症は、一日の中で症状の出方に変化があり、特に起きがけに始まる症状が重いことが多いようです。

鼻水の状態に違いが!

花粉の飛散する時間帯

1.杉花粉の場合、花粉を放出するピークはお昼頃ですが、都心などに到達するのは午後3時から5時頃らしいです。
  夜は昼頃から夕方にかけて飛散した花粉が徐々に地表に降りてくると思いますので、夜よりは朝早くのほうが洗濯には適していると思います。

2.あとからあとからどんどん出てくる仕組みだと思います。スギなど風媒花は受粉効率が悪いので長期間多量に花粉を飛散させる必要があるのでしょう。
スギ花粉は2月から4月まで飛ぶでしょうから、一本の杉ならピークで一ヶ月ぐらいでしょうか。

3.寒くても出ますが、気温が高い方がたくさん出ます。

雨の日は花粉を飛ばすスギの雄花が濡れて開かないため、花粉はあまり飛びません。
しかし、雨の日には、晴れた日よりも、気圧が下がり、また、当然湿度も上がるため、必要以上に体が反応してしまうとのことです。

午後がピークなんですね!

花粉症って完治するの?

体質が変わるということはありうると思います。

私自身、子どもの頃は医者から「一生治らない」といわれるほどのアトピー性皮膚炎だったようですが、小学校に上がる頃にはほとんど治り、今ではなんともありません。

体質が変れば症状がでなくなる可能性もあるかもしれませんね…!

花粉症の疑い、何科を受診?

花粉症というのは、花粉で起こるアレルギー性結膜炎とアレルギー鼻炎の総称でして、専門はまず耳鼻科、次に眼科の順とお考え下さい。
特に眼科は結膜炎を起こしている患部を直接顕微鏡で観察する一番実証可能な科になります。
アレルギー性結膜炎は、痒いからという自己診断ではなくて、生体顕微鏡下で、結膜乳頭増殖という医学的な所見を持って診断します。
これは内科の先生やアレルギー科のドクターには絶対出来ない診断法です。

もし花粉症かも!と思った場合は!
耳鼻科⇒眼科を受信しましょう!

花粉症の予防法

できるだけ花粉を吸わないことです。
すでに花粉症を発症している人と同じように、なるべく外に出ない、洗濯物を外に干さない、マスクを常用するなど。

花粉症にならないための最も良い予防法

花粉症の予防方法。

『甜茶』
いろんなメーカーからいろんなのが出てます。
花粉が飛び始める1ヶ月前くらいから飲み始めると良いようです。花粉症って、花粉によってアレルギー反応を起こすことにより、あの忌まわしい不快な症状が出るわけです。で、個人差が大きいとおもいますが、甜茶やポリフェノールにはアレルギーを抑える作用があると言われているので注目されてるようです。効く人もいるよようなので来年試してみる価値はあるかもしれません。が、繰り返しますが個人差が大きいのであしからず。。

『KW乳酸菌』
キリンからノアレって商品名で発売されています。小岩井乳業と共同開発のようです。去年結構注目されたKW乳酸菌ですが、これは、腸内の乳酸菌バランスを整えることでアレルギーを体質的に改善しようとする商品です。ただ、コレも薬じゃないので絶対的な効果を約束するものではないです。試してみる価値はあるとはおもいますが。。

『マスク』
ありきたり(?)ですが、効果は高いと思います。何しろ体内に花粉が入らなければ問題ない話なんで。。
でも、常にマスクをってなかなかむつかしいですよね。。そんなときには
『花粉 鼻でブロック』
これが商品名ですが、鼻の穴(鼻腔)に塗って、花粉が鼻から体内に侵入するのを防ぐものです。効果的にはマスクと同じくらいです。結構人気がありました。ただ、口から花粉が入ってる!って言われるとダメなきもしますけど。。

あとは『花粉対策スプレー』みたいなのがいろんなメーカーから出てます。衣類についた花粉を排除するもののようです。でも神経質になりすぎなきもするんですがね。。スプレーなんて。。

以上はお店で売ってるような花粉対策グッツです。

それとは別に花粉症に『治してしまう』方法があります。
それは。。
『動物性たんぱく質を摂らないこと』です。
花粉ってそもそもたんぱく質なんです。で、現代の肉中心の食生活だとどうしても動物性たんぱく質の摂りすぎになります。そうすると、花粉シーズンになって花粉が飛ぶとそれに対してアレルギー反応を起こし花粉症になってしまうわけです。
なので、動物性たんぱく質(肉、魚、卵、乳製品など)をとらなければ次のシーズンがくる頃には良くなってるとおもいます。
ただ、これってかなり難しいですよね。。
これを書いてる自分も花粉症です。。なるべく動物性たんぱく質を減らすよう努力してますが完璧には出来てません。。それと、継続しないと効果は出ないようです。

乳酸菌が効くようです!

ハーブティーではエルダーフラワーやネトルが良いと言われています。
お店によって価格の違いますが私はエルダフラワー(100g1000円、500g4180円)のみ
花粉用としては飲用しています。

ハーブティーを取り扱っているお店ではこの時期花粉症用ブレンドの物も売っていますヨ。
数日前、いつも行くお店に行ったら花粉症用のハーブがとても売れて、ビックリしていると
言っていました。

皆さん、きっと薬ではなく、できるだけ自然に近い物で!と思っているんでしょうね。

お勧めの本    「ハーブティー 」池田書店¥1400

花粉症にかかっている人はこの時期風邪にもかかりやすいので気をつけましょう!

花粉症治療

花粉症を軽減する効果のある食べ物

花粉症による炎症を軽減する効果のある食べ物はあります。
炎症反応は、動物性脂肪に多く含まれているリノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸という脂肪酸を多く摂ると、酷くなる傾向があります。
一方、これらの脂肪酸の働きをブロックする働きを持っているのが、植物性脂肪や青身の魚に多く含まれているα-リノレン酸、DHA、EPAなどの脂肪酸です。

ですから、炎症が酷い時は、動物性脂肪を極力控えて、青身の魚を食べるようにしたり、α-リノレン酸を多く含むしそ油、大豆などを食べると効果があるようです。
α-リノレン酸は、特にしそ油に多く含まれています。
とにかく酸化しやすい油ですから、冷蔵庫で保存して(低温でも固まりません)、加熱せずに食べてくださいね。

朝晩でスプーン1杯ずつ、汁物にかけてもドレッシングにしてもいいので、とにかく生で食べてください。
α-リノレン酸は、美容効果も高いので、花粉症対策だけでなく、嬉しい油ですよ~

動物性脂肪を食べるのを控えましょう!植物性脂肪をとるようにしてください!

花粉症にきくお茶

れんこん水!?ですが、番組終了後すぐに作って
飲みましたが、私にはとてもよく効きます!
紅富貴のほうは試していませんが・・・
甜茶やルイボスティーなどは私には効果ゼロなので
今年はKW乳酸菌を積極的に摂取しています。

れんこん茶!効いた!という方が!
まだの方試してみてください!

花粉症のトリビア

花粉症の時期

花粉症は一年中あります。
杉→ヒノキ→稲→ブタクサ・・・
1つアレルギーを持っていると、他のアレルギーが発症する
可能性が高いそうです。(耳鼻科の先生に言われました)

花粉症は春だけでなく一年中なんですね…!

花粉症は現代病…?

私は東京オリンピック(1964)の記憶のある世代で、埼玉県西部の林産地でスギ・ヒノキの山に囲まれて育ちましたが、春先になるとくしゃみがとまらないような人は一人もいませんでしたしそんな人の噂も聞きませんでした。私より数歳年長で、神奈川県西部の同じく林産地で育った人も、花粉は縁側に指で字が書けるほどだったが花粉症はなかったと言っています。

スギ花粉症の近年の著しい増加は、戦後の拡大造林で花粉を出すスギの個体数が急激に増加したことに帰せられていますが、林産地に育った身からすると、現代の都会でどんなに花粉量が多くても、自分が育った環境より多かったはずはないと思えます。もしも花粉だけでスギやヒノキの花粉症になるなら、江戸時代から林産地であった木曽や秋田などで、風土病としての花粉症が記録されていないのはおかしいと私は思います。

スギ花粉症を最初に疾患として提示したのは日光の病院に勤務されていた斎藤洋三医師で、1964年のことだったそうですが、つまりその少し前までは非常に稀か存在しないに等しい病気だったということで、私は「昔は花粉症はなかった」と言ってよいと思います。

日光での研究では、1960年代から時間を追っての花粉症の出現頻度と、日光いろは坂の交通量の間に顕著な関連が見られたそうです。また、1980年代中葉に日光市内の各所で調査したところ、スギが多く花粉数も多いが交通量の少ない地区と、花粉数が少なく交通量の多い地区で、後者のほうがスギ花粉症の発生が多かったことが観察されているそうです。

ずっと前からあるように思いますが、花粉症患者が増えたのはここ数年のことなのかもしれません!

花粉症がはじめて発見された国

花粉症が最初に発見されたのは英国とのことです。

はじめて発見されたのは英国だったんですね!

花粉症と免疫力の関係

花粉症のようなアレルギーは、過剰な免疫応答の結果生じますから、
体の免疫力自体が弱ければ、お医者様の仰るように症状も軽いものに
なります。

花粉症は、体力や抵抗力がある若い世代には症状が出て、高齢になるにつれ、
体力などが衰えて、花粉症の人も症状が現れにくくなるそうです。
嬉しいような悲しいような・・・。

犬にも花粉症・・・・?

犬にも花粉症はあります。

人間だけでなく、犬にも花粉症はあったんですね!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ