安くて簡単で使いやすい!クローゼット内洋服棚の作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:70302
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
100円ショップアイテムだけで作成できる、便利でスマートなクローゼット内の棚の作り方を紹介します。

STEP1

Photo by kuroiusako
クローゼットや押し入れって空間はたくさんあるのだけど、ここに効率よく洋服を収納するのって意外と難しいんですよね。
既製品の収納ケースやタンスを入れるとどうしてもサイズが合わなくてデットスペースが出来てしまうし、
IKEAなどでサイズ調整可能な収納システムを揃えようとするとかなり費用がかかってしまいます。
そこで、家のクローゼットにぴったりな洋服棚を、100円均一のワイヤーネットと結束バンドだけで作ってしまいましょう。

STEP2

まず、クローゼットや押し入れの棚のサイズを測定し、ある程度どのような棚をつくるか考えます。
100円ショップに行き、適する大きさのワイヤーネットと結束バンド(小)を購入します。

STEP3

Photo by kuroiusako
写真のように結束バンドを留めて、お好きな大きさ、段数の棚を作成します。

STEP4完成

Photo by kuroiusako
このくらいの大きさでも30分くらいで作れます。
費用は全部で¥2,300
内訳は
ワイヤーネット(大)¥200×6枚
ワイヤーネット(小)¥100×10枚
結束バンド 1袋 ¥100

STEP5

Photo by kuroiusako
大きいワイヤーネットを両サイドに、小さいワイヤーネットを棚板にするとこんな感じ。
棚に強度を持たせるために後ろに大きなワイヤーネットをつけます。

STEP6クローゼットに入れるとこんな感じ。

Photo by kuroiusako
後ろにスペースがあります。ここをシーズンオフのものしまうスペースにしてもいいですね。

STEP7

Photo by kuroiusako
奥まで棚にしたい場合は、大きなワイヤーネットを棚板にします。

STEP8段ボール箱を利用して引き出しにしても便利です。

Photo by kuroiusako
靴下や下着などの小物はこのように箱にしまうとgood。

STEP9洋服をしまうとこんな感じになります。

Photo by kuroiusako
クローゼットを開けたら、さっと取り出せて、さっとしまえます。
ワンシーズン分の洋服を全て入れてもまだスペースがあります。
このくらい空きスペースがあったほうが、普段の使い勝手がいいものです。

(洋服の状態を保つために防虫剤と吸湿剤を設置するのをお忘れなく(笑))

まとめ

デットスペースがなくなるようにぴったりサイズになるように設計するのがポイント。
ワイヤーネットはお店やメーカーによって色んなサイズがあるので、ぴったり合うように色々組み合わせを考えましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ワイヤーネット(各サイズ、必要枚数) 結束バンド(小さいものが使いやすくてよい)
Photo by kuroiusako

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ