オーストラリアの四季を知る!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4459
  • ありがとう数:0

はじめに

オーストラリアは日本と違い四季が反対になります。オーストラリアの季節についてまとめてみました。

STEP1広いオーストラリア

オーストラリアは日本の21倍の大きさ。
その為、日本のように気候はひとつじゃないのです。
四季がある地域、そうでない地域。

大きく分けると、以下となります。 ( )内は代表的な地名

STEP2■ 温帯性気候 (シドニー、メルボルン)

春(9月~11月)、夏(12月~2月)、秋(3月~5月)と冬(6月~8月)の四季がある。
気候も比較的穏やかです。
・シドニー
年中を通して割と快適。ただ日によって気温差が激しく、夏でも冷える日があったり、冬でも暑い日があることも。
冬は風が冷たく、夜は冷え込む。 

・メルボルン
一日のなかに四季があるともいわれ、日中は暖かくても、朝晩は冷え込むことがある。

STEP3■ 亜熱帯性気候  (ゴールドコースト、ブリスベン)

年間を通して比較的過ごしやすい&晴天率が高い。 
四季はなんとなく感じる程度。
冬の日中でも半袖で過ごせる日もあるが、朝晩は冷えるのでコートも必要。
また日差しが強い為、ビーチや外に長時間いる時の日焼け止め対策は十分に必要。

STEP4■ 地中海性気候 (パース、アデレード)

・パース
年中割と温暖で過ごしやすいのが特徴。
オーストラリアの中で一番太陽に恵まれている地域です。
しかし冬は寒暖の差が激しい。

・アデレード
地中海性気候と亜熱帯性気候の混在した気候。夏は、暑く乾燥した天気となり、気温が30度を超える日もありますが最低気温が20度まで下がるため比較的快適です。

STEP5■ 熱帯性気候 (ケアンズ、ダーウィン)

四季はなく1年は雨季(12-3月)と乾季にわかれ、雨期は突然の雨(スコール)があったり、湿度が高い日が続くが、乾期は過ごしやすいです。
冬(6-8月)でも日中は半そでで過ごせますが、夜は涼しいので羽織るものは必要。

■ 砂漠性気候地域(エアーズロック、アリススプリングス)
昼と夜の気温差が激しく、年間を通して降水量が少ない。

■ 西岸海洋性気候 (タスマニア)
四季がはっきり分かれており、オーストラリアで最も寒い地域。
夏は最高22度程度で日照時間も長く、冬は最高でも11度程度だが空気がとても澄んでいる。

まとめ

本当に広大なオーストラリア。
各種アクティビティも適した季節もありますから、旅行の際は季節も考えて準備しましょう。

http://www.aswho.com/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ