自伝的小説の書き方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7
  • ありがとう数:0

はじめに

自叙伝はノンフィクション分野に分類されるが、フィクションのような文体で書くのがいい。 もし出版に興味があれば、ただありのままの平凡な要約にせず、他の人とは違う個性的一面にフォーカスして書こう。

STEP1

1.書きたい出来事を箇条書きにしてみよう。これらのうち、全てではなく、特に書きたいものフォーカスする。例えば、ファッション業界でやってきたのだったら、幼少のときからファッションに興味があったこと、高校での学位や、職場での経験などを、年代順に並べてみよう。

STEP2

2 箇条書きした出来事をベースに構成を組み立てよう。実際に書く際、必要に応じてプロットを変えても構わないし、順番も自由にすればよい。印象的な話をするために、少し手を加えてもよいだろう。

STEP3

3 ステップ2のプロットをベースに下書きをしよう。自由に自分の言葉で書こう。フィクション作品の登場人物のように生き生きとした人物描写ができるとよい。

STEP4

4 校正をしよう。2,3日置いてからみると、新たな発見がある。必要おに応じて、意見を言ってくれる人に読んでもらおう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ