三人称で自伝を書こう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

自伝を書くとき、三人称で書けばよりプロフェッショナルな印象を与える。一見味気ないようだけれど、野暮ったさがなくなるのでお勧めだ。自分のビジネスクライアントや企業に対して、客観的に自身を売り込むことは重要とされるだろう。 「私は」の一人称ではなくて、三人称を使ってみよう。

STEP1

1.自伝をどのくらいの長さにするか決めよう。ビジネスや職業上の経歴などであったら、短いもので済む。(例えば1パラグラフから1ページなど)。自分で文章量を好きに決めることができる。盛り込む情報量から概算しよう。

STEP2

2.他人になったつもりで、自分の人生を振り返ろう。これが三人称で書くときの手助けとなる。人々が何を知りたがるのが意識しよう。

STEP3

3.自分の人生の中で特にフォーカスしたい部分を選ぼう。読み手や状況をくみ取ることも重要。例えば、ウェブデザイン関係者に見てもらいたい場合は、学歴やウェブデザイナーとしての経歴が重要となるだろう。年代順に出来事を並べて、業績を自身を持って書くことだ。三人称で書き始めるにあたって、最初に自分の名前をフルネームで書き、それからファーストネームやラストネームを使おう。場合によっては、「彼」や「彼女」でもいい。

STEP4

4.ネガティブな要素は書かないこと。それを書くと、読者は読むのを止めてしまう。しかし、その悪い状況から学びを得て、ポジティブな話題に持っていく場合は良いだろう。

STEP5

5.文法や誤字脱字をチェックしよう。MSワードの機能が便利だ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ