靴擦れによる水ぶくれへの対処法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

買ったばかりの靴を履くとよく靴擦れして指に水ぶくれができますよね。

STEP1<b/>肩こりや骨盤の歪みを引き起こすことも</b>

慣れるまでどうしても靴擦れしがちですよね。何度か履くと靴が馴染んで来て履きやすくなるのですが、靴擦れを放置していると、足を保護するような歩き方に自然になってしまい、筋肉痛や肩こり、また、骨盤の歪みなどを引き起こす原因にもなります。実はあなどれないものなのです。少しでも痛みを軽減させ、早く治しましょう。

★その場(外出先)ですぐできる処置★
水ぶくれをつぶさず、できている部位、指などにそれぞれ絆創膏を貼って保護します。

★家に帰ってきたら★
足の水ぶくれの場合、下手に自分で潰すとばい菌が入ったりします。水で洗ったり消毒したらそのまま絆創膏で保護してください。もし、事前に貼っていた絆創膏の中で水ぶくれが潰れていたり、自然に潰れていたりしたら余分な皮の部分を切りましょう。(皮が残っているとそこに雑菌がついたりするので)
あとは消毒してまた絆創膏で保護してください。

普通の絆創膏ははがれやすいという人は、靴擦れ専用絆創膏や、汗などの水に強い絆創膏というものもあるので、絆創膏も見直してみてください。

STEP2<b/>靴ずれ、水ぶくれの原因を探る</b>

履き慣れた靴で水ぶくれができる場合は靴下が合わない、もしくは履き過ぎて底が擦り減り、体重のかかるバランスがおかしくなってしまったということが考えられます。
お気に入りの靴でも、底を見てあまりに擦り減っているようであれば思い切ってその靴を捨てる、または履かないというのも靴擦れの予防策です。

足の指外側ではなく、靴の当たらない指の間等にできる水ぶくれは水虫の可能性があります。治らない場合は病院へいきましょう。

STEP3<b/>靴擦れガードを使おう</b>

お気に入りの靴だけれど足が痛くなる、でも今日は絶対に履いていきたい!という場合は専用の靴擦れガードが薬局等に売っています。どうしても靴が履きたい特別な日にはそれを足につけて出かけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ