仕事がつまらない時に参考にできる考え方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ルーティンワークとは言っても、取り組み方を見られているかもしれません。こういった考え方はどうでしょうか。

STEP1□ 1

・ルーティンワークは本当にルーティンワークか

ルーティンワークがつまらない、だから仕事がつまらない。理解はできますが、そんな考え方だとまだまだと言われてしまうかもしれません。

ある有名な話ですが、とある有名企業の社長が新入社員時代にルーティンワークで住所の書き写しをしていて、書き写していた住所を全て覚えていたという逸話がありました。社長になりえる力量をその時から表していたということです。

そこまでできていますか?

もしできていないなら、ルーティンワークが何か自分の身につかないか考えてみましょう。

STEP2□ 2

・仕事をやりやすくしてみる

もし、ルーティンワークが完璧にできるというなら仕事をやりやすくしてみるのはどうでしょうか。

エクセルの表計算を複雑な計算などなくマクロなどを挿入して一括でできるように変えてみる、パワーポイントのフォーマットを作っておく、新人でもミスしないような仕事マニュアルを作ってみる、やってみるとそれがあなたの仕事実績になります。

仕事をやりやすくすると、社内の人からも感謝されるはずです。社内の人からありがたがられると社内評価も上がるかもしれません。

STEP3□ 3

・お給料をもらっている分として考える

仕事は仕事。お金をもらっている分、ちょっとは嫌なことをしなくてはいけません。

好きなことを仕事としたいところです。でも、それだとお給料面が安くなったりもします。仕事として対価をもらっているということは、嫌なこともしなくてはいけないこと。大人になるというのはそういうことかもしれないと考えるとちょっとは楽になりませんか?

身近でサラリーマン経験をしている人に「仕事が辛くて……」と話すと、「俺も」「私も」と他の人の実体験も聞けたりします。

まとめ

たまには息抜きしつつ、ルーティンワークもこなしましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ