通販のカタログと段ボールの有効利用法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
通販、便利ですね。でも、カタログと商品が配送された後の段ボールの処理に困っていませんか? よい有効活用法がありますよ。

STEP1

Photo by kuroiusako
通信販売を日常的に利用していると溜ってしまうカタログと段ボール。
捨てるのも重たかったり、かさばったりで一苦労だし、紙をたくさん捨てるのは資源の無駄ですね。
段ボール箱を物入れにするとインテリア的にちょっと・・・ですよね。
なんだか貧乏臭い雰囲気が漂ってしまいます。
そこで、色とりどりのカタログでデコレーションしてしまいましょう。

STEP2

「カタログなんか貼って、きれいになるの?」と思われるかもしれません。
しかし、意外と、あの「段ボール色」が隠れるだけできれいな印象になるのですよ。
色味や紙質を統一するとより見栄えがいいです。

STEP3まず、段ボール箱を好みの形に整えます。

Photo by kuroiusako
多少、ぐちゃぐちゃでも大丈夫。
写真の段ボールは蓋を折り返しただけですが、
ここで、ガムテープ等を使用して、お好きな形に作り替えてもよい。
デコレーションしてしまうので継ぎはぎだらけでもオーケーです。

STEP4

後は、お好きなカタログのお好きな部分をを適当に切り、想いのままにペタペタと貼っていくだけです。
特に何も気にすることはありません。段ボールさえ見えなかったらそれなりに形になってしまいます。
よれたり、歪んだりしてもまだそれも「あじ」です。

カタログの文字の部分より、写真やイラストの部分を使用すると明るいイメージに仕上がります。

STEP5

Photo by kuroiusako
はさみを使わずに手でちぎってもいい感じ。

STEP6これで完成。

Photo by kuroiusako
今回はかわいい女の子で、ピンク系にしあげました。

STEP7

Photo by kuroiusako
内側もしっかり貼ると見た目が良いです。

STEP8他にも、形を合わせて作って、引き出し風にしたり、

Photo by kuroiusako
(こちらはシックな色味で作りました)

STEP9

Photo by kuroiusako
物をいれるとこんな感じ。

STEP10

Photo by kuroiusako
大きな段ボールでちょっとしたテーブルを作ってみたり

STEP11

Photo by kuroiusako
さらに大きな段ボールでベッドのサイドテーブルを作ってみたり

STEP12小さい箱でティッシュケースを作ったりできます。

Photo by kuroiusako
(黄色っぽいのと青っぽいの。)

STEP13因に、このデコレーション法は箱以外にも応用できます。

Photo by kuroiusako
綿棒の丸いプラスチックケースをデコレーションしました。

まとめ

デコレーションするときは、最初はあまり気にせず直感で貼っていくのがコツ。 考え過ぎるより、いいものが出来上がります。 慣れてくると、上手に配置できるようになります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

通販のカタログ 段ボール のり はさみ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ