電話番号を間違えないために気を付けることとは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:499
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
間違い電話を掛けてしまったほうは気まずいですが、受けたほうも迷惑ですね。ここでは、電話番号を間違えないために、ぜひとも気を付けてほしいことを実体験をもとにお話ししたいと思います。

STEP1

アドレス帳などに控えるとき、電話番号は正確に記入しましょう。

「0」と「6」の数字があいまいなため、間違って掛かってきたことが2回もあります。もちろん、同一人物からでした。

STEP2番号を押すときは、慎重に確認しながら押しましょう。

以前、住んでいたところに「某住宅会社」の事務所だと間違って掛けてくる人が何人もいました。その原因は「6」と「9」の押し間違いだったことがわかりました。

いずれも、市外局番の間違いが原因で、掛けた人の住所地の市外局番と酷似しているためでした。

まとめ

電話ならまだしも、FAXを送ってしまったら大変!

個人の家である私のところに、企業宛の「注文書」が送られてきて戸惑ったことがありました。さいわい電話番号が載っていましたので、間違いを知らせることができました。

現在は、携帯電話が普及していますので、登録アドレスから選ぶだけで簡単に掛けられます。それでも、アドレスを押し間違わないなど、掛け間違いには十分気を付けたいですね。

必要なもの

電話を掛けるときは、とにかく慎重に

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ