留守電にメッセージを入れると気を付けることとは!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
留守電にメッセージを入れるとき、ほんとうに緊張しますね。でも、その前にぜひとも確認しておきたい大切なことがあります。はたして、それは……。

STEP1

留守電にメッセージを入れる前に必ず確認しておきたいことは、自分が掛けている電話番号が間違っていないかどうかです。

STEP2

留守電に、あらかじめ設定されたアナウンスが流れる場合、特に注意したいですね。でも、それだけではないのです。

STEP3

本人の肉声入りのメッセージ留守電にも、けっこう間違って入れる人がいます。テープを再生した相手も対処に困りますが、メッセージを入れた人も自分の想いが伝えたい人に届かないのですから、トラブルの原因にもなります。

まとめ

自分が掛けた電話に確信がもてない場合は、名前を残す程度にしたほうが無難です。

私は、BGM入りのオリジナルメッセージをテープに入れていますが、それでも、間違いメッセージが入っていることもよくありました。なかには、第三者に聞かれては都合が悪いような内容も……。メールが普及する以前の話ですが……。  

メッセージがわかりにくいのでは……?と思い、NTTに確認してもらったところ問題なしとの返答でした。

ちなみに、NTTからのアドバイスは「間違って掛けたほうが悪いのだから無視してください」とのことでした。

でも、受けた相手が無視するだけならいいけれど、個人情報を悪用する人もいるかもしれません。留守電にメッセージを残すときは、くれぐれも気を付けてくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

電話を掛ける前には、番号を確認すること

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ